IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

REPORT

地域の魅力を発見し読み解き考える展示とトーク

2月3日~26日に東京ミッドタウン・デザインハブにて「地域×デザイン展2017 -まちが魅えるプロジェクト」(企画運営:日本デザイン振興会、事業構想大学院大学)が開催された。2016年度に続き2回目となる今回は、全国から選りすぐった10件の地域プロジェクトを展示し、多彩なトークイベントを行った。本記事ではその中から、中川政七商店 十三代 中川政七さんによるオープニング特別講演、そして「写真の町」として知られる北海道・東川町の取り組みを紹介する。

会期中の会場の様子。いわゆるモノのデザインだけではなく、コミュニケーションやサービス、ネットワークなどのデザインも含めて紹介している。

日本の工芸を元気に、100年後の工芸大国日本を目指す


中川政七商店 十三代
中川政七

工芸メーカーに自信と誇りを

中川政七商店は2007年から「日本の工芸を元気にする!」をビジョンに全国の工芸メーカーの再生事業に取り組んでいます。その中で、僕が考える地域ブランディングの手法は、コンセプト型、フォーカス型の2つ。コンセプト型では「おしい!広島県」がありますが、面白いものの内容が記憶に残りません。フォーカス型は香川の「うどん県」があります。これは記憶に残りますが、うどん以外の郷土料理や工芸などが切り捨てられています。

ブランディングの基本はメッセージを絞ることですが …

あと83%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

地域の魅力を発見し読み解き考える展示とトーク(この記事です)
やきもの産地活性化新プロジェクトがスタート
どんな映像をつくるかとどう生きていくかは直結している
「1億人がドカンと沸く」それがCMの快感
いきものがかり 水野良樹さん コピー年鑑2016を読む
企画の根っこを押さえた上で面白さの最大値を探っていく

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る