IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

心に残ったプレゼン術

海外映画出演の夢を追う水原希子さんに迫る新CM

堀 章子(セントラルデザイン)

英会話スクールを展開するNOVAは、1月18日より水原希子さんをメインキャラクターとした新たなテレビCM「Borderless!」の放映を開始した。実際に、水原さんがロサンゼルスに映画オーディションや現地エージェンシーとの打ち合わせのために一週間滞在した様子を、映画監督大根仁さんが撮りおろしたドキュメンタリー風の映像となっている。CM第一弾「オーディション」篇では、オーディションを受ける水原さんに対し、審査員が英語の発音を指摘する。「水原希子は英語が下手だ。」というストレートなメッセージのテロップが出る。

今回は、NOVAにとって需要度の高い新年度のCM、なおかつ10周年を迎える節目の年。今までと雰囲気を大きく変えたいと考えていたところに、ベクトルから本広告キャンペーンの自主プレゼンがあった。「NOVAでは20代から30代の女性を中心とした世代の獲得に力を入れています。プレゼンでは、水原さんの世代認知が高く、実際に英語を使って夢を叶えようと奮闘している姿が、NOVAのターゲット像と合致。広告キャラクターへの起用を決定しました」とNOVAのハウスエージェンシー セントラルデザイン代表 堀章子さんは話す。

NOVAはこれまでキャラクターのNOVAうさぎで広告を展開。サービス内容やプランの詳細を分かりやすく訴求してきた。「最初は従来のCMとの差に戸惑いがありました。しかし、外部の会社とCMを制作することによって、企業にとって効果的なCMとは何か ...

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

心に残ったプレゼン術の記事一覧

心に残ったプレゼン術の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る