IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

名作コピーの時間

人生の転機になったコピー

中村猪佐武

    ROMANTIC HIGH

    J-WAVE/1996年

    ◯C/関一行

    愛に雪、恋を白。

    東日本旅客鉄道/1999年

    ◯C/一倉宏

    ねぇ、手とかつないでみる?

    ジェイアール東日本企画/1996年

    ◯C/星大、岡康道

突然、営業局から転局してきてコピーライターを名乗り始めたポンコツを、手取り足取り、厳しくも優しく、多くの先輩方が一からコピーの書き方を教えてくれました。その方々がいなかったら今の僕は絶対に存在していないし、広告業界にいたかすら怪しいものです。

まだ営業局にいた僕は、想像していた広告会社で働く自分と現実の自分のギャップを埋められず、悶々としていました。そんな時に社内で見かけた僕の師匠、関一行さんのコピー「ROMANTIC HIGH」。このポスターのかっこよさに憧れて、どうしてもクリエイティブへ行きたいと思うきっかけになりました。

ロマンティックなんて恥ずかしい言葉を、ちっとも恥ずかしくないものに変えてしまうマジック。師匠としては鬼ですが、仕事を離れればこのコピーのようにロマンティックでかっこいい人です。

さて、その後、なんとか転局できたものの、コピーライターとは名ばかり。そんな駆け出しの僕に友人から世にも恐ろしい依頼が。「こんど結婚するから、その案内状のコピー書いてよ。あのスキーのCMみたいなコピーがいいなぁ」。気楽に言われたそのコピーこそ、一倉宏さんの名作、「愛に雪、恋を白。」ウルトラ超絶技巧です ...

あと48%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

名作コピーの時間の記事一覧

名作コピーの時間の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る