IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

編集部PICK UP! 2017年正月広告【後編】

近畿大学/一般入試出願受付
「早慶近」 新聞広告

毎年正月に出稿する広告では、旧態依然とした大学のくくりに依存している社会の中で、「固定概念をぶっ壊す」ことを目標とした表現をしています。「早慶近」というコピーは早い段階で決まったものの、ボディコピーの制作にはかなりの時間を要しました。

この広告は「早慶近」がテーマなのではないことに読者が気づいてくれるか、分量の多いコピーを最後まで読んでもらえるか、広報部内で徹底的に話し合いました。SNSでは若干炎上気味でしたが、各方面からの評判もよく、私たちの制作意図が伝わったこともわかり、安堵しました。
(近畿大学 広報部課長 加藤公代)

  • 企画制作/博報堂関西支社+アストラカン大阪
  • CD/山口尚久
  • AD/竹上淳志
  • C/川村健士、世耕石弘、加藤公代
  • D/薮下太司、河西恭平
  • 撮影/平塚正男
  • AE/今田正法

小学館/コロコロコミック、ちゃお40周年
「夢は技術で見るものじゃない」 新聞広告

広告業界をはじめ、大人たちは最新テクノロジーに夢中です。でも、本当にそれでいいのかな。こどもたちにはもっと広い「想像力」の世界で思いっきり遊んでほしいなと思い、このグラフィックをつくりました。「コロコロコミック」と「ちゃお」は今年40周年。40年間、こどもたちの想像力を紙とペンだけで育んできた2誌だからこそ、発信できるメッセージです。
(電通 アートディレクター 高嶋結)

  • 企画制作/電通+J.C.スパーク
  • CD/川野康之
  • AD/安達翼、高嶋結
  • C/岩田純平、可児なつみ
  • D/坂本亘、船山聡志
  • AgPR/高杉蒔
  • フォトPR/志村悠介
  • 撮影/片村文人
  • 美術/末広豪
  • ST/椎名倉平
  • HM/津田千昌
  • AE/塚本一貴、山本大明
  • スタジオ/用賀10BANスタジオ
  • CAS/飯田奈津
  • 出演/津村太陽、津村優月

宝島社/企業広告
「忘却は、罪である。」 新聞広告

商品だけでは伝えきれない“企業として今、社会に伝えたいメッセージ”をお伝えしたいという思いで1988年から企業広告を開始し、今年で20年目となりました。今回のテーマは「世界平和」です。2016年はオバマ元大統領の広島訪問、安倍首相の真珠湾訪問が実現した歴史的な年でした。そして2017年、世界は大きく変動することが予測されます。改めて戦争と世界平和を考えるきっかけになればと思い、企業広告のテーマとしました。
(宝島社 広報課)

  • 企画制作/宝島社+電通
  • ECD/古川裕也
  • CD/磯島拓矢
  • AD/窪田新
  • C/橋本卓郎
  • D/北中陽、遠藤寛昭
  • PR/山下けい子
  • 製版+印刷/日庄
  • AE/島田裕一郎、飯塚陽子、中井洋平

UP TO WORKS の記事一覧

「好きだから」は人を動かす根源的なエネルギー
【笑顔のトリビア】を集めてひとつのCMに
17年前の雑誌広告コピーを復活させた、パナソニックのリメイク広告
エア・ビールで乾杯!? 商品の登場しないサッポロビールの正月広告
ブランドの象徴『麒麟』と嵐を新しい距離感で描く キリン正月広告
アレンジに技あり!各社のピコ太郎CMが集結
編集部PICK UP! 2017年正月広告【後編】(この記事です)
編集部PICK UP! 2017年正月広告【前編】
「新しい年、新しいハブラシで。」サンスターの箱根駅伝向けCM
渋谷で初開催・年越しカウントダウンイベントに日本コカ・コーラが特別協賛
テーマは「やってみよう」 スーパーポジティブな三太郎の年始CM
ネットサーファーがリアルサーファーになった日
迷う人の背中を押して回る山田孝之
車がファッションになった瞬間
「水の山」を訪れた宇多田ヒカル
間寛平のギャグがコピーに!?
東北ならではの“冬のごほうび”
セーターを“着た”缶で遊ぶ
東京ミッドタウンのクリスマスを彩った、光あふれるビジュアル
“見守る”という応援を描く
「FINAL FANTASY XV」×Audi R8が見せる新たな世界

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る