IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

佐賀県×宣伝会議

陶磁器の里で愉しむアート体験イベント開催

佐賀県×宣伝会議

「焼きものの里の日常」と10組のアーティスト

歴史ある陶磁器と新しいアートが融合

大久保兄弟によるインスタレーション。

参加アーティストの一人、冨永ボンドさんの制作の様子。

2017年2月18日(土)~3月20日(祝・月)までの31日間、「焼きものの里」である佐賀県の肥前窯業圏(唐津市、伊万里市、武雄市、嬉野市、有田町)で、イベント「Saga DISH & CRAFT(サガ ディッシュアンドクラフト)」が行われる。この期間、地域とさまざまなアーティストが一体となり、同地域の陶磁器文化をテーマとしたアートイべントが実施される。

コンセプトは「焼きものの里の日常」と新しいアートの融合。イベントは地域のカフェやレストラン、公共施設など、普段まちの人々が利用している場所で行われる。

参加する10組のアーティストは、個性豊かな顔ぶれが揃う。アニメーションやモーショングラフィック、実写の素材など、さまざまな要素が混じり合う、不思議な空間を演出するのは、大久保兄弟。嬉野の文化や四季を体感できる映像アートを展開する。伊万里市で行われる、巻き寿司アーティストたまちゃんによる体験ワークショップでは、切ると「原始人ウー」が出現する巻き寿司アートの制作に挑戦することができる。

同地域では、佐世保出身、佐世保観光名誉大使でドローン空撮パイロットでもあるアーティストの和-KAZU-さんによる貴重な撮影会も開催。そのほかにも、ここでしか見ることができない新しいアートイベントが開催され、訪れた人々は、まちをめぐりながら、未知なるアートとの出会いを楽しむことができる。ワークショップの詳細は、特設サイト(www.dish-and-craft.jp)で随時紹介していく。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る