DESIGN/COPY/WEBクリエイティブの専門メディア

デザインプロジェクトの現在

「GROOVISIONS 5×27」が青山・スパイラルで開催

川島蓉子

グルーヴィジョンズが、1月6日から15日まで、東京・青山のスパイラルガーデンで「GROOVISIONS 5×27」と題した展覧会を行った。京都から東京に拠点を移して20年を迎えるグルーヴィジョンズの活動について、伊藤弘さんの話を聞きに行った。

1月6~15日にスパイラルガーデンで開催された「GROOVISIONS 5×27」。全長約13mの大型ディスプレイが設置され、新作が発表されたほか、アートワークのアーカイブの展示、館内にはchappieも登場した。
写真:伊藤徹也 画像提供:スパイラル/株式会社ワコールアートセンター

巨大スクリーンに広がるモーショングラフィックス

2016年7月、京都にオープンしたグルーヴィジョンズのセレクトショップ 三三屋(みみや)。営業日は、土日祝日のみ。

グルーヴィジョンズの活動は、グラフィックやモーショングラフィックスを中心に、書籍、プロダクト、インテリア、ファッションなど、幅も奥行きも広がっている。「三三屋(みみや)」というセレクトショップを京都で開いていて、さまざまなユニークな活動を展開していると感じてきた。今回の展覧会を行ったスパイラルは、カフェをぐるりと取り巻く空間構成で、一般に向けて広く開かれた場。あそこを使って何をするのかと興味が湧いて取材に行った。

現れたのは、カフェの横の壁面いっぱいに広がる映像だ。伸び伸びと広がるスクリーンに、街の俯瞰図が映し出されているのだ。そこには見たことがあるような建物があり、人々がたくさん登場し、日常の活動が淡々と営まれている。ささやかな事件や事故も起きている。明快なストーリーがあるわけではないのに、見入ってしまう何かがある。

「1年半ほど前にスパイラルから依頼が来た時、この廊下のような空間を、どう使うかを考えるところから始めた」と伊藤さん。映像を流したいと思ったものの ...

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインプロジェクトの現在 の記事一覧

「GROOVISIONS 5×27」が青山・スパイラルで開催(この記事です)
過去と現代をつなぎ、再定義する試み
いい空気が流れている空間デザイン
セレクトショップのビームスが手がけるユニークなプロジェクト
セカンドハウスの発想から生まれた南仏の複合施設
「プロジェクトの景色を作る」中原慎一郎さんの仕事