IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

エリザベス ペイトン、mintdesigns、コンタクト・ゴンゾ他、今月の展覧会

25年のキャリアから選びぬかれた珠玉の作品群

「Kurt Sleeping」1995 板に油彩 27.9×35.6cm
Private Collection, New York

「Nick(First drawing)」2002 紙に色鉛筆 22.2×15.2cm
Collection David Teiger Trust

「Ludwig II with Josef Kainz」1992 紙にチャコール 41.9×29.8cm
Private Collection, New York
©Elizabeth Peyton,courtesy Sadie Coles HQ,London;Gladstone Gallery,New York and Brussels;neugerriemschneider,Berlin

エリザベス ペイトン:Still life 静/生

1990年代初頭より絵画や素描、版画を中心に制作してきたアメリカの女性作家エリザベス ペイトン。彼女の日本の美術館における初個展が、東京・原美術館で、5月7日まで開催されている。

ペイトンが描く対象は、彼女の親しい友人にはじまり、歴史上の人物や現代のカルチャーアイコンにまで及んでいる。また、アーティストや小説家、ミュージシャンや役者なども常に描写の対象となっている。いずれも彼女特有の色彩や繊細な線によって、人物は情熱や魅惑、ただならぬ美しさを湛える存在へと変貌を遂げている。近年、ペイトンは街の風景や静物、オペラからもインスピレーションを得て、肖像画と真摯に向き合いながら、その概念を大きく広げている。日本では紹介される機会の少なかったペイトンだが、本展では、作家自身が25年のキャリアを振り返り、選んだ作品約42点を見ることができる。

エリザベス ペイトン:Still life 静/生

開催中、5月7日まで。
原美術館
11時~17時(祝日を除く水曜は20時まで)
休館:月曜(3月20日は開館)、3月21日
入館料:一般1100円、大高生700円、小中生500円
◆お問い合わせ→03-3445-0651 原美術館

テーマは「ポエティクス(詩学)」と「ストラクチャー(構造)」

ライゾマティクスリサーチ《distortion》2017 写真提供:NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]

ART+COM《RGB|CMY Kinetic》2015 © Flavio Coddou

アート+コム/ライゾマティクスリサーチ 光と動きの「ポエティクス/ストラクチャー」

メディアアートとクライアントワークとしての空間デザインやエンターテインメントの領域を結びつけ …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

地域×デザイン 2017、花森安治の人生を振り返る展覧会
エリザベス ペイトン、mintdesigns、コンタクト・ゴンゾ他、今月の展覧会(この記事です)
第19回亀倉雄策賞は、渡邉良重「AUDREY」に決定
JAGDA新人賞2017は、玉置太一、三澤遥、八木義博に決定
中村至男、GROOVISIONS 、活動の歴史を振り返る個展を開催
Bowie:Faces展、YACCO SHOW、仲條正義展他、1月の展覧会
世界初・認知症患者のための簡略化小説がグランプリ
立花文穂、永戸鉄也・ENZO他の展覧会
ホンマタカシのドキュメンタリー映画特集他
グッドデザイン賞大賞は、「オーサグラフ世界地図」に決定
「フードスケープ 私たちは食べものでできている」「TAKESHI HANZAWA「104」」ほか展覧会
クリオ賞最高賞は、REI「#OptOutside」、オールド・スパイス他
2016年度ACC賞グランプリ、au、END ALS、きよら、小林市に決定
クリスチャン・ボルタンスキー「さざめく亡霊たち」、塩田千春展「鍵のかかった部屋」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る