IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

WORKERS

漁港のそばの倉庫をリノベーションしてクリエイティブ空間に――福岡市 ランハンシャのオフィス

ランハンシャ

ワーキングスペース。木の素材、白い壁、高い天井がこだわり。

CGやプロジェクションマッピングを中心に映像制作を手がけ、福岡を拠点に全国で活動を展開しているランハンシャ。九州でプロジェクションマッピングをいち早く導入し、建物から小さなおもちゃまで、多様なマッピングコンテンツを制作している。

オフィスは、長浜漁港のすぐそばの倉庫をリノベーションした。海外クリエイターの倉庫を転用したオフィスに憧れがあったという。「カチッとしたオフィスではなく、訪れた人に『ここは何だろう?』と思わせるような、常識とずれた遊び心のある空間にしたいと思いました。広い空間で屋根も高いので、色々と面白い使い方ができそうな予感がして」と代表取締役/CG ディレクターの下田栄一さんは話す。下田さんは大学は土木工学科で学び、空間づくりが大好き。このオフィスも、自分でデザインし、地元福岡の上野建築研究所に施工を頼んで一緒に作ったという…

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

WORKERS の記事一覧

漁港のそばの倉庫をリノベーションしてクリエイティブ空間に――福岡市 ランハンシャのオフィス(この記事です)
ヨーロッパの一軒家のような建物をオフィスにしたデジタル制作会社 ― シフトブレイン オフィス訪問
ものづくりの楽しさが息づく空間―ジオメトリー・グローバル・ジャパンオフィス
麻布十番に常夏のハワイの景色が広がる―ノースショアのオフィス
1階で生まれたアイデアを、2階のオフィスで具現化する−grafの新しいスタジオ
サイバーエージェントのクリエイティブを体現し発信する新拠点

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る