DESIGN/COPY/WEBクリエイティブの専門メディア

デザインプロジェクトの現在

セレクトショップのビームスが手がけるユニークなプロジェクト

川島蓉子

セレクトショップのビームスが40周年を迎え、この春、新宿の「BEAMS JAPAN」を生まれ変わらせた。新しい店を通して、やんちゃで面白いビームスの健在ぶりが伝わってきた。今回は2つのユニークなプロジェクトに触れたい。

コンテンツを変えてオープンした新生ビームスジャパン。日本をキーワードに、幅広いカテゴリーのコンテンツをキュレーションするプロジェクト、BEAMS『TEAM JAPAN』の発信拠点となっている。

神戸市と協業した「BEAMS EYE on KOBE」

『クラフトとデザインの橋渡し』をテーマに、日本の手仕事を伝える「フェニカ スタジオ」。

神戸店で展開された「BEAMS EYE on KOBE」の様子。

「これまで世界中の良いモノ・コト」を日本に提案し続けてきたビームスが、今度は『日本』を切り口に、ファッション、プロダクツ、カルチャー、飲食まで、暮らし全般にわたって紹介するのが「BEAMS『TEAM JAPAN』プロジェクト」。拠点となっているのが、「BEAMS JAPAN(以下ビームス ジャパン)」であり、オープン以降、既にいくつかのプロジェクトが進行している。9月30日~10月31日は、ビームスが神戸市と協業した「BEAMS EYE on KOBE」を開催。地場産業とコラボレーションした商品を「ビームス ジャパン」と「ビームス 神戸」で販売し、独自の視点で編集したガイドブックも制作した。

地方自治体の発信プロジェクトで多いのは、プロデューサーやデザイナーを招聘してモノ作りし、海外の展示会で発表するもの。東京の百貨店で販売することもあるが、「見せるのが主体」というイメージが強い。技術にデザインを盛り込んだモノ作りに終始していて、一般に広く伝わっていかない、発信力が弱い。これはもったいないと感じてきた。

大手セレクトショップが …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインプロジェクトの現在 の記事一覧

セレクトショップのビームスが手がけるユニークなプロジェクト(この記事です)
セカンドハウスの発想から生まれた南仏の複合施設
「プロジェクトの景色を作る」中原慎一郎さんの仕事
ストーリーを添えたギフトを贈る「みらいの夏ギフト」
内面と外面から創られる美を追求するサロン
デザインとは 創造と想像の深さや幅―ミラノサローネ2016レポート