IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

BRAIN'S BRAIN

ベッキー・オーピンによる今月のカバーストーリー

ベッキー・オーピン

ブレーンのカバーを飾るのは、世界の先端を行くクリエイターたちの作品。「BRAIN’S BRAIN」では、「FUTURE」をテーマに彼らが制作したビジュアルとオフィスや仕事を紹介していきます。今回はメルボルンを拠点とするベッキー・オーピンさんです。

―表紙のアイデアについて教えてください。

今回の表紙では、ハンドメイドの作品を見せたいと思いました。なぜなら、未来は手作りにあると思っているからです。

コラージュは、私の好きな手法の一つです。ただ、今回はSean Fennesy という写真家とのコラボによって作られたもので、普段つくっているものとは違います。このコラージュはとても大きな作品で、Seanがそれを写真に収めてくれました。

―アイデアはどのように生まれましたか。

私は、個々の要素が紙に貼り付けられる前の、コラージュをする瞬間を捉えたいと思っています。というのも、私はコラージュをする時に偶然に何かができるプロセスが好きです。それが、この作品にはよく現れています。きちんと貼られずに、ベースの紙から浮いてできた影の部分は、私が最も好きなところで、普通のサイズのコラージュではこの様にはなりません。しかもSeanは、光をとらえるのが得意です。この作品の仕上がりが私はとても好きです。

―日本の広告やデザインについてどう思いますか。

日本のデザインは、私にとって常に大きなインスピレーション源です。色の使い方やミニマムなスタイル、時に『可愛い』要素が強く出ていた時には、素晴らしい!と感じます。

Beci Orpin

Q1. What is the idea for this cover?and how did you make it?

The idea for this the cover is to show something handmade - because I beleive the future is handmade. Collage is one of my favourite mediums to use, but this collage is a little different. I teamed up with friend and photographer Sean Fennessy to create it. I made the collage on a large scale and he photographed it for me.

Q2. What made you come up withthe idea?

I wanted to capture collage but before it is stuck down-often my favourite part of the process is the piles of paper that happen accidentally,so that what I wanted to happen with this. The shadows on the paper which is not stuck down are my favourite part - you can’t achieve this with normal collage and Sean is so great at capturing light. I love the way it turned out.

Q3. What do you think of Japanese advertisement and design?

Japanese design has always been a big inspiration to me!The use of colour and minimal style, with the occasional bit of kawaii is a winning combination which appeals to me greatly!

ベッキーのスタジオ

パーソナルアートワーク

ISETAN YUM YUM ART パッケージ

HIDDEN PLACES

テキスタイル

GMTH MAP

TwoPoints.Net Lupi
Asensio&Martin Lorenz
(ベッキー・オーピン)

オーストラリアのメルボルンを拠点に活動。イラストを基軸としたクリエイティブディレクション、デザインを手がけている。Visa、Virgin、Burton、Snowboards、The Guardian、Frankie Magazineなどのクライアント向けに仕事をしており、20年近くのキャリアがある。2001年に、パートナーであるRaphと自身の洋服のラインPrincess Tinaを立ち上げ、2008年まで展開。その後、キッズの洋服ラインであるtiny mammotとホームウェア、ステーショナリーベースの商品を自身の名前でリリースしている。3冊のDIY BOOKとペンギン・オーストラリアより子ども向けの絵本を出版。世界各国での展示も行っている。

BRAIN'S BRAIN の記事一覧

ベッキー・オーピンによる今月のカバーストーリー(この記事です)
TwoPoints.Netによる今月のカバーストーリー
JWT アムステルダムによる今月のカバーストーリー
Justina Zun-Zun Changさんによる今月のカバーストーリ―
アナ・モンティエールさんによる今月のカバーストーリ―

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る