IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

Book & Magazines

詩人・三角みづ紀さんが影響を受けた4冊の本

三角みづ紀

クリエイターのオフィスを訪ねると、よく見かける、大きな本棚。忙しい仕事の合間に、クリエイターたちはどんな本を読んで、どのように仕事に生かしているのか。第92回目は、詩人の三角みづ紀さんに、仕事や人生に影響を受けた本について聞きました。

『生きていくうえで、かけがえのないこと』

若松英輔(著) (亜紀書房)

十代のころは図書室に通いつめてばかりいて、アイドルのような存在の作家がたくさんいた。しかし自分が書く仕事についたら、そこまでだれかに熱狂することもなく、新刊を待ちわびることも少なくなった。

二十才の冬に難病を患い、それがきっかけとなって詩を書きはじめた。そうしたら本がなかなか読めなくなった。焦っていたが「自分と向き合う時機」だったのかもしれないと、本著を読み納得した。

若松英輔の本に出会ったとき、同じ時代を生きるアイドルをみつけたと …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Book & Magazines の記事一覧

詩人・三角みづ紀さんが影響を受けた4冊の本(この記事です)
かっぴーさんが影響を受けた4冊の本
sneeuw 雪浦聖子さんが選んだ4冊の本
さかな 西脇一弘さんが選んだ4冊の本
クリエイターおすすめのブック&マガジン 橋詰 宗
アーティスト永戸鉄也さんが選んだ4冊の本

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る