DESIGN/COPY/WEBクリエイティブの専門メディア

名作コピーの時間

コピーライター自身の可能性をひろげる拡張力

板東英樹

    一緒なら、きっと、うまく行くさ。

    セゾンカード/1983年

    ○C/仲畑貴志

    おじいちゃんにも、セックスを。

    宝島社/1998年

    ○C/前田知己

    ほぼ日

    ほぼ日刊イトイ新聞/1998年

    ○C/糸井重里

「このバカまじめ!…ゆうパック」姉弟ゲンカしていた4歳の息子が突然、捨て台詞を吐くように言ったんです(その瞬間、家族でズッコケ笑ってしまったのは言うまでもありません)。自分のコピー原体験も、やっぱりテレビCMだったなぁと。「私はコレで会社をやめました」「まずい!もう一杯」「もっとはじっこ歩きなさいよ」「KaneboFor Beautiful Human Life」とか、意味もなく学校で言いまくってましたね。あ、例外がひとつ...

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

名作コピーの時間 の記事一覧

コピーライター自身の可能性をひろげる拡張力(この記事です)
神戸海知代さんが選んだ3本のコピー
コピーには人柄があらわれる
買うこと自体がなんだかちょっと嬉しくなるコピー
言葉とは約束だ、と思います
コピーですべてを変えられる