IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインプロジェクトの現在

「プロジェクトの景色を作る」中原慎一郎さんの仕事

川島蓉子

中原慎一郎さんの仕事が気になっていた。新宿「ニュウマン」のエキソトにある「TORAYA CAFÉ・ANSTAND」と、青山「スパイラル」の5階にできた「call」は、とても魅力的な空間――久しぶりに話を聞きにいった。

今年、新宿・NEWoManにオープンした「TORAYA CAFÉ・AN STAND」。

表参道・スパイラル5階にオープンした「call」。

“あん”を包み込む皮をイメージ

新宿駅新南口のエキソトに、和菓子の老舗であるとらやがつくった新業態「TORAYACAFÉ・AN STAND(以下、あんスタンド)」がある。広々とした通路に面した店は、全面ガラス貼りのすっきりした空間。これだけ削ぎ落した造りで、外からよく見えるので、お客の気持ちが「入りづらい」、「食べづらい」に向かっても不思議ではない。が、素っ気ないほどのシンプルさが清潔感と軽やかさを生み出し、白木のカウンターやテーブル席が「おいしそう」と好奇心をくすぐり、つい入ってみたくなる。

依頼されたのは、「TORAYA CAFÉ」で販売している「あんペースト」を主役に据えた新しい店の空間だった。中原さんは、“あん”を取り巻く風景から発想を練っていったという。生まれ故郷である鹿児島の和菓子から、「“ あん”を包むようにおおらかで柔らかい皮」をイメージした。和菓子に欠かせないものであり、とらやと強い結びつきがある“あん”を取り巻くイメージを、空間で表現することを意図したのだ。

「あんスタンド」の核をなしている“あん”を柔らかく包み込むようなショップ空間――店の奥の壁面は、白木の縦格子になっているのだが、その背面にガラス板を一枚、嵌め込んである。光を受けたさりげない艶感が、白木の柔らかい質感と共鳴し、心地良い空気が流れている。

一方、店の側壁を彩る虎の絵は、タイルでかたち作られていて、艶のある質感が …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインプロジェクトの現在の記事一覧

デザインプロジェクトの現在の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る