IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

C-1グランプリ

戸谷吉希さんと国井美果さんが選んだ「子どもに絵本を読み聞かせたくなるコピー」

戸田吉希(大広名古屋支社)/国井美景(ライトパブリシティ)

プロ、アマ問わず競うコピーバトル、C-1グランプリ。今回審査にあたってくれたのは、共にニ人のお子さんを持つ戸谷吉希さん(大広名古屋)と国井美果さん(ライトパブリシティ)。絵本の読み聞かせもプロ級のおニ人が選んだコピーとは!?

(左)出題者 戸谷吉希 (大広名古屋支社)
(右)ゲスト 国井美果 (ライトパブリシティ)

出題テーマ 子どもに絵本を読み聞かせたくなるコピー。

たくさんのご応募ありがとうございました。 お互いニ児の子を持つ親としての目線で 選ばせていただきました。グランプリに 選んだコピーは、叱ったことでのずーんと した後悔や、落ち込み、思い通りにいかない 親をも救ってくれるコピーです。読み聞かせ することで叱った自分も落ち着くし、親子で ハッピーになれる点が良かったです。コピー を選びながらニ人で話をしていて、リアル なママと子どもの気持ちに、納得したり、共感したりしました。事前に選んだコピーと、 国井さんと会って話をしてからでは、最終 的に選んだコピーが変わり、パパの立場と しても気づきがありました。応募されたコピー を見て思ったのは、絵本は、子どもの為でも あるし、親の為でもあるんですね。子ども だった頃の過去の自分に戻ったり、我が子の 未来を想像したりして、タイムトラベルした 良いコピーがたくさんありました。絵本は、 今だけのモノではない価値を実感しました。

今回受賞された皆様おめでとうございます! このページを見た本屋さんや図書館の 皆様にぜひ、POPを作っていただきたいな と思いました。


グランプリ

しかっちゃってごめんね、の代わりに。

鈴木 茜
(ディップ)

わたしの母はよく叱る人でしたが、絵本は惜しみなく読んでくれました。きっと母も、たくさん絵本に救われたのだと思います。

子どもの感情はコロコロ変わりやすいけど、親はそんな風に感情が切り替えられません。そんな夜の日には、絵本の存在価値が高まります。(戸谷)

救いのあるコピー。私もこんなふうに何度も絵本に助けられてるなって、そんな気持ちで一票。絵本って単なる本ではなく、良いコミュニケーションツールでもあるんですね。(国井)


準グランプリ 戸谷吉希賞

「えほんよんでー」は甘えたい合図です。

澤村明彦
(ディップ)

そうなのかも!と思いました。世の中には、素直に甘えられない子もいると思うので、絵本を買って、そっと背中を後押ししてはどうでしょうか。

ママのお話しが、空爆の …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る