IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインの見方

心に刻んだ1ビジュアル、1メッセージ

榎本卓朗


大学3年生の頃に毎日デザイン賞に応募するため、新聞広告をつくる授業がありました。当時の僕は世の中のシステムにイライラしていて、その怒りや恨みをぶつけるように、タイポグラフィだけで社会問題を訴えかける広告をつくったんです。見るからにネガティブで、ドロドロした作品でしたが、それがなぜか毎日広告デザイン賞の奨励賞をいただきました。

授賞式では他の受賞作品もスクリーンに映し出されていて、そこで葛西薫さんが手がけたサントリーウーロン茶の広告を初めて目にしました。なんて人を清々しい気持ちにさせる広告だろう――。それを見た瞬間、自分の作品が恥ずかしくなったことを覚えています。生々しい部分を見せなくても情感に訴えることができる、見るだけでいろいろなことを想像させることができる、それがデザインの力なんだと初めて知ったのです。「16のときの本」というコピーも素晴らしくて …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインの見方 の記事一覧

心に刻んだ1ビジュアル、1メッセージ(この記事です)
1本のボトルが与えたデザインの初期衝動
ワクワクさせられる広告の原体験
広告の王道を行くアイデアとデザイン
手の痕跡が残る 人間味あふれるデザイン
デザインに王道はない

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る