IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

WORKERS

移動はいつも自転車で 福岡の街と「地続き」のオフィス空間――KOO-KIのオフィス

KOO-KI

ワンフロアのワークスペース。グリーンのストライプをあしらった床が印象的。

福岡で映像制作を中心にクリエイティブワークを手がけるKOO-KIが、福岡市の中心街である天神にオフィスを移転したのは約4年前。このオフィスに来るまでも何度も移転を重ねてきたが、このオフィスはその中でも最も“街ナカ”のロケーションとなった。一歩外に出ればさまざまなネタに触れられるため、アイデアに困ればすぐに街に繰り出せる。「よく『ネタ繰り』してきます、とボードに書いてあります。僕たちとしてもずっとオフィスにいる必要はないと考えていて、このオフィスは“戻ってくる場所”と考えています」と、KOO-KI代表取締役副社長の白川東一さんは話す。

社内は仕切り無しのワンフロア。「以前のオフィスは仕切りが多くて会話がしづらかったんです。人数の少ない会社なのに、『あの人と今日話していないな』ということもあった。今回は仕切りを一切置かないことで、誰がいるか一目でわかるようにし、会話しやすい環境を心がけています」。

3カ月に1回「席替え」をする仕組みも取り入れた。あえてプロジェクトのチームごとで席を固めず、意外なコミュケーションが生まれるようにしている。「僕たちは、誰かに何かを伝えるための映像やクリエイティブを作っています。だから、独りよがりにならないようにしたい。たまたま後ろを通った人が、『それ何?』と気軽に聞けるようなオープンな場所で作業をすることで、自分の世界だけでなく、客観的な視点を意識してものづくりできるようにしたい。その環境が実現できていると思います」。

クリエイティブ系の書籍の収められた本棚。手前に見えるのは、KOO-KIのオリジナルアニメーションのキャラクター、ミスターシェイプ。


社内イベント「空気塾」で一番の発表をした社員に贈られるチャンピオンベルト。


気持ちのいいベランダも、移転にあたりこだわった要素。天気のいい日はここで打ち合わをすることも …

あと29%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

WORKERS の記事一覧

移動はいつも自転車で 福岡の街と「地続き」のオフィス空間――KOO-KIのオフィス(この記事です)
5階建てビルを一棟借り、自分たちで大幅リメイク――Three & Co.のオフィス
透けるファザードから光が差し込む――金沢の制作会社「イノセンス」のオフィス
社員から生まれた「働き方ビジョン」を具現化したデルフィスのオフィス
古き良き「シネマ」の雰囲気の裏には、最新のデジタル設備――STEVE N’ STEVENのオフィス
ガラスブロック壁の光に満ちた建物――キラメキのオフィス

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る