IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

THE ONE SHOW 2016 レポート

デザイン、データ、テクノロジーで新しいビジネスを生み出す

INAMOTO&Co.

今年2月、AKQAチーフ・クリエイティブ・オフィサーだったイナモト・レイさんが独立。新たにINAMOTO&Co.を設立した。今回、この秋に移転するブルックリン ゴワナス地区の新オフィスとなる場所でレイさんにインタビュー。設立から約半年を経て、いまINAMOTO&Co.はどのような会社になろうとしているのか。PARTY伊藤直樹さんも参加してもらい、一緒に話を聞いた。

NYブルックリン ゴワナス地区で現在、リノベーション中の新オフィス。この地区には映像スタジオなどが集まってきており、レイさんいわく「Williamsburgの次はここ」とのこと。

PHOTO:GION

発想の素は「エル・ブリ」

――INAMOTO&Co. の成り立ちについて教えてください。

イナモト▶ 僕たちの会社は、ビジネスインベンションスタジオを標榜しています。デザインとデータとテクノロジーの融合で、新しいソリューションを生み出す。簡単に言えば、新しいビジネスを開発するスタジオです。前職で同僚だったレム・レイノルズがパートナーで、まずは2人で会社を興しました。その後、R/GAからテクノロジー専門のウィル・ターネイジ、コロンビア大学でエンジニアリングを勉強していたナタリー・トレースの2人をリクルートし、デザイン、データ、テクノロジーの専門家にストラテジストを加えたスタジオになっています。

僕らのビジネスには、2つの柱があります。ひとつはクライアントに新しいソリューションを提供していく仕事。具体的に「これをつくってほしい」というよりも、現状は「何をしたらよいか、わからない」というお話がほとんどです。そこから戦略を考え、具体的なソリューションへと落とし込んでいく。そのプロセスにおいて、データに答えを求めるのではなく、問題設定にデータを使いたいと考えています。何に力を注ぐのが最も決定的なのか、データで問題を発見し、定めていく。その問題を解決する新たな方法を導くのが、デザインとテクノロジーという考えです。

見え方としては、コンサルティングに近いかもしれませんが、そこにしっかりとデザインを結びつけています。戦略だけ立てて終わるのではなく、その先のアウトプットの表現や形、あるいはサービスにまできちんと落としこんでいます。

そもそもなぜ僕がこのような会社をつくろうと思ったのか。インスピレーションの素は、スペインのレストラン「エル・ブリ」です。すでに有名なレストランですが、その仕事の形態に興味を持ちました。彼らはレストランでありながら …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

THE ONE SHOW 2016 レポートの記事一覧

THE ONE SHOW 2016 レポートの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る