IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

THE ONE SHOW 2016 レポート

デザインこそがアイデア

Pum Lefebure DESIGN ARMY

ワシントンを拠点とするDESIGN ARMYのクリエイティブディレクターPUMさんは、ONE SHOWのボードメンバーの一人。タイで育ち、アメリカでデザイナーとしてのキャリアを切り開いてきたPUMさんに日本のデザインについて、そして自身のデザインに対する考え方を聞いた。

DESIGN ARMY 共同創設者/クリエイティブディレクター Pum Lefebureさん。

PHOTO:GION

日本のデザイン 強さの秘密は

今回、ONE SHOWで日本の作品がたくさん入賞しました。日本のデザインは世界トップクラスで、デザインカルチャーそのものが世界一だと思います。デザインへの情熱、ディテールへのこだわり、そして革新的な考え方においても群を抜いています。私はONE SHOWやカンヌライオンズなど、さまざまなアワードで審査を行っていますが、日本のデザインのシンプルさ、エレガントさに心を奪われる機会が多々あります。デザインの質に関しても同様で、クラフトマンシップのレベルがとにかく高い。デジタルに注目が集まるなか、日本のデザインは印刷広告やパッケージングにもこだわっています。例えば、紙の材質や形、消費者がどのようにモノに関与するのかというところに重点を置いているのが日本のデザインの特徴ですね。ONE SHOWで10年以上前の日本のデザインを見ても色あせた印象が全くないので、時代を超えた魅力があり、永続的に継承される力を持っているのではないでしょうか。

今回のONE SHOWで私の記憶に最も残った作品は、BEST IN DESIGNを受賞した「なまえのないえのぐ」です。青と黄色が交わって緑になるというシンプルかつ画期的なアイデアでした。このようにクリーンで明瞭なデザインを実現できるのは日本人だけだと思います。

その理由は、デザイナーが育った気候や文化 …

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

THE ONE SHOW 2016 レポートの記事一覧

THE ONE SHOW 2016 レポートの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る