IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

エディターズブックセレクト

『公園対談 クリエイティブな仕事はどこにある?』、『ローカルメディアのつくりかた』ほか

『バイオアート―バイオテクノロジーは未来を救うのか。』

img01

ウィリアム・マイヤーズ(著)
(ビー・エヌ・エヌ新社/3,400円+税)

バイオアートとは、生命科学やテクノロジーの進化が招く多様な問題を可視化し議論するための表現。バイオアーティスト50名の活動を紐解き、その役割と、バイオテクノロジーによってもたらされる未来について考えていく。

『生まれ変わるデザイン、持続と継続のためのブランド戦略
―老舗のデザイン・リニューアル事例から学ぶ、ビジネスのためのブランド・デザインマネジメント』

img02

ウジトモコ(著)
(ビー・エヌ・エヌ新社/2,000円+税)

老舗まんじゅう屋でブランドのテコ入れを手がけることとなった著者。企業がデザインの力で魅力的なブランドを作り上げ、伝統と新しい挑戦を両立させて生き残っていく戦略を紹介する。

『色の力 消費行動から性的欲求まで、人を動かす色の使い方』

img03

ジャン=ガブリエル・コース(著)
(CCCメディアハウス/1,600円+税)

気づかないうちに気分や行動に強い影響を与えている、色。カラーデザイナーの著者が、色の与える心理的かつ生理的影響に関する最近の研究を紹介。色の力を借りて …

あと48%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

エディターズブックセレクト の記事一覧

『公園対談 クリエイティブな仕事はどこにある?』、『ローカルメディアのつくりかた』ほか(この記事です)
『Leaves 立花文穂作品集』『小杉幸一の仕事』ほか
『祖父江慎+コズフィッシュ』『タイポさんぽ改』ほか
「 ヴィヴィアン・ウエストウッド自伝」、「デザインと革新 未来をつくる50の思考」ほか
今月のおすすめ本・『オリンピックとデザインと政治学』、『もじ部』ほか
今月のおすすめ本・『柳原良平の仕事』、『デザインの種 いろは47篇からなる対話』ほか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る