IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

家族の会話が増える「母の日」広告

立体カーネーション

信濃毎日新聞社は5月8日の母の日に合わせ、別刷の「信濃母日新聞」を発行、従来の新聞紙面の様式にとらわれない立体的な広告や8000本のカーネーションで表現した広告を掲載した。題字もこの日限定で信濃毎日新聞の「毎」を「母」に、地紋の桑の葉デザインもカーネーションに変更している。「すべての人がお母さんから生まれてくることから、『母の日は、家族の誕生日です。』というコピーを設定。母の日に信濃毎日新聞がきっかけとなって家族の会話が増えることを目標としました」(CD 上島史朗さん)。長野県は、カーネーションの作付面積・出荷量ともに日本一。それにちなみ新聞社ならではの方法で、読者にカーネーションを届ける方法を考えた。なかでも、ある角度から見ると花が立って見える「立体カーネーション」が目を引く。

「肉眼でも立体的に見えますが、スマホなどのカメラを通して見るとより立体的に。この効果により、多くの読者がSNSなどに投稿してくださいました」(上島さん)。協賛社の広告は約8,000本の本物のカーネーションを使って制作。スタッフ総出で花を生けた。その様子をおさえた写真は …

あと42%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

勝手に沖縄健康長寿プロジェクト「ごっちゃん」
家族の会話が増える「母の日」広告(この記事です)
道内の人気タレントを起用し利用促進キャンペーンを実施
長崎は日本の西海岸!?地元の魅力を対比で発信
2000発の花火で1周年の感謝を伝える
観光都市 京都を前面に打ち出したプロモーション
歴史都市としての資産を強みに市民参加のキャンペーン
「あともう少し…」男性視聴者のため息が聞こえてくるCM
人と人との心のつながりを1本の線画で表現
顔面で卓球する少女の衝撃バズムービー
大阪ガスと生活者のつながりをガス管で描く

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る