IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

クリエイティビティと事業構想

暮らしのあり方を問い直すデザイン

滋賀県のブランディング事業など、地域でも活躍するデザイナー、服部滋樹さん。「当たり前」を「当たり前」とせず、暮らしのあり方を問い直すデザインは、今の世の中で見失われた「何か」を見つけ出すことから始まる。

「ビワパール」のブランディングでは、伝統産業とのコラボレーションにより生まれた「陶土」、貝殻に含まれる炭酸カルシウムを原料とした「インク」などの素材も開発された。

「つくる」でなく「見つけ出す」

今、全国で地域資源をブランディングする事業が行われている。しかし、そもそも「地域資源」とは何か。空間やプロダクトをデザインするだけでなく、地域のプロジェクトを数多く手掛けてきたデザイナー、服部滋樹さんはこう語る。

「大事なのは、他の地域にはない『らしさ』を見つけ出すこと。例えば、地域の課題を『観光振興』や『少子化対策』などのカテゴリーで理解してしまうと、他の地域と横並びになってしまう。すでにあるカテゴリーから選ぶのではなく …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

クリエイティビティと事業構想 の記事一覧

暮らしのあり方を問い直すデザイン(この記事です)
海外ユーザーの心をつかむ脳トレ・パズルゲーム
障害のある人の多様な働き方を社会に提案する
1日10記事のブログ更新で、わずか1ケ月で月10万PVを達成
地域活性、地元に根付くアイデアの引き出し方
大谷石採掘場跡地に新しい価値をつける

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る