IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

六本木ヒルズに90年代男子部屋を再現した「ウイイレ部屋」が出現

コナミデジタルエンタテインメント「ウイニングイレブンプレイヤーズハウス」

発売20周年を迎える国民的サッカーゲーム「ウイニングイレブン」が、六本木ヒルズに無料のウイイレプレイスポットをオープンした。4日間の期間中、多くの人が“あの頃”に戻ってゲームを楽しんだ。



Web動画「#ウイイレまたやろーぜ」。ゲーム内の実況・解説としてお馴染みの、ジョン・カビラさん、北澤豪さんも出演。

ターゲットは30~40代の“ウイイレOB”

「ウイニングイレブン プレイヤーズハウス」と呼ばれるこのスペースのシンボルとなるのは、90年代に友人同士で集まりゲームに熱中した「男子部屋」や「部室」をイメージした「ウイイレ部屋」だ。当時を懐かしんでもらえるよう装飾にもこだわり、当時のサッカー雑誌やスター選手のポスター、サッカー漫画など、90年代に青春時代を過ごした人であれば、懐かしいと感じる要素が盛り込まれている。

キャンペーンのターゲットは、当時ゲームに熱中していたが今は遠ざかっている、30~40代前半を中心とした大人たちだ。「仕事が忙しかったり、奥さんや子どもに気を使って家庭内でゲームをしづらくなったり。このキャンペーンはそうした理由でゲームから遠ざかっていた“ウイイレOB”たちにもう一度遊ぼうと呼び掛けるものです」と読売広告社 クリエイティブディレクターの皆川壮一郎さんは話す。

同時にWeb動画も公開した。主人公は、うだつのあがらないサラリーマン。ある日タクシーで帰宅すると目の前には大学時代に友人たちとよく集まった思い出のアパートが。中には当時の姿の3人の友人、促されるままにウイイレでプレイするうちに気持ちが当時に戻っていく…。“ウイイレあるある”がふんだんに盛り込まれたこの動画は ...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

六本木ヒルズに90年代男子部屋を再現した「ウイイレ部屋」が出現(この記事です)
静電インクを応用した初のインタラクティブ広告
萌えキャラにボカロ!?アニメファンの心をつかむ新アプローチ
安全運転が目に見える世界を創る
ビジネスマンを狙い撃ち!オンラインに特化したVAIOの動画キャンペーン
中高生をざわつかせる魔法の言葉
新機軸を打ち出し続ける「モンスト」CMの快進撃
GReeeeNの曲に乗って、総勢200人の県民が登場する宮崎県PRムービー
新ジャンルの保険を開拓する多角的キャンペ―ン
人気アニメの“主人公”で見せる新しい家族の在り方
ブランドの思想を伝える“目を閉じた”ビジュアル
商品パッケージを大胆変更!「ヒゲ」が主役のキャンペーン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る