IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインの見方

手の痕跡が残る 人間味あふれるデザイン

高田 唯

    「MOTアニュアル2012 Making Situations,Editing Landscapes 風が吹けば桶屋が儲かる」
    展示概要

  • AD/立花文穂

今から3年半ほど前、東京都現代美術館で開催された「MOTアニュアル2012 Making Situations,EditingLandscapes 風が吹けば桶屋が儲かる」展の広告を電車内で見かけました。作品のビジュアルはなく、文字だけで構成されたストイックなデザイン。立花文穂さんが手がけたものだとすぐに分かりました。もともと僕は、立花さんのデザインが好きで、それがきっかけとなり、展覧会を見に行くことにしました。

会場の入り口でA3サイズの展示概要を渡されました。それが、今回紹介するデザインです。ザラっとした質感の黄ばみがかった紙は片面に情報が印刷されています。入口にも無造作に積んでありました。手にした瞬間、目が釘付けになりました。これほど細部の細部にまでこだわった展示概要を見たことがなかったからです。熱の入れ方が半端ではない。立花さんらしい、と感動しました。

まず、見た目が美しい。そして、これまでの立花作品と同様に …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインの見方 の記事一覧

手の痕跡が残る 人間味あふれるデザイン(この記事です)
デザインに王道はない
「きのうまでの自分を超えた」ところに、技術はある。
「Rez」から学ぶ、人に受け入れられる本当の“新しさ”とは?
時代を超えて輝きつづけるとしまえんの広告
ハートランドビールが愛され続ける理由

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る