IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

世界で働く日本のクリエイター

音楽から浮かび上がる映像をつくりたい

ジョ

映画『ほとりの朔子』と『マンガ肉と僕』の作曲、映画『シェル・コレクター』の音響を担当したサウンドアーティストのジョさん。ニューヨークを拠点に作曲や音響作品を手がけている。

01 映画『マンガ肉と僕』(音楽)

次世代を担うサウンドアーティスト

東京大学在学中に渡米して約10年。映画、メディアアート、ゲームと多彩な分野のサウンドを制作するジョさん。特に映画音楽でその才能を開花し、2月に劇場公開した映画『マンガ肉と僕』のサウンドトラックは、英紙「The Telegraph」で“ 鋭く尖った映画音楽”と評された。

映画の音楽制作は、脚本や映像が編集し終わった段階から始まることが多い。作品が持つ世界観を音で後から構成していくわけだが、作曲家が企画の初期段階からアイデアを出すことで、音で表現できる領域が広がり、作品がより豊かな表情を見せるのではないかとジョさんは指摘する。「流れ作業のような制作環境では、音の発想が後から映像に足されたという色合いが強く出てしまい、もったいなくも感じます。聴覚に響くイメージも …

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

世界で働く日本のクリエイター の記事一覧

音楽から浮かび上がる映像をつくりたい(この記事です)
まったく新しいインテリアの開発
NYで活躍するインディペンデント映画作家
中国のプレゼンはキービジュアルが求められる
NYで活動するストリートアーティスト
ベルリンで、映画・映像の変化の波を楽しみたい

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る