IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインの見方

デザインに王道はない

丸橋 桂

    「流行通信」(2002年)

  • AD:服部一成

そこにセオリー、
王道はなかった



入社して5年ほど経った頃、ようやく独り立ちする機会を得ました。とはいえ、これから自分が何をするべきか、どうやればいいのか、日々暗中模索していました。そんなとき、書店で手にしたのが『流行通信』です。ロゴも表紙もこれまでとは全く違うデザインに変わり、雑誌を開いた瞬間に「うわ、これはすごい!」と驚いたことを覚えています。誰がアートディレクションしているのだろうと、クレジットを見たら「AD服部一成」と書いてありました。

服部さんはすでにキユーピーハーフなどの広告を手がけていましたが、正直に言うと、それまで服部さんがつくるものはそんなに自分には響かなかったんです。でも、『流行通信』のデザインは圧倒的、とにかく「すごい!」としか言いようがなかった。そこには雑誌のデザインのセオリーや王道はありませんでした。タイトルや見出しの級数がやたらと大きかったり、モデルをざっくりと切り貼りしたり、写真もスタジオを使わず、服部さんの事務所で撮影したものだったり…。確実に他の雑誌とは違う存在感を放っていました。同じ雑誌でもデザインが変わるだけで、こんなに魅力的になる――。書体云々とか細かいことではなく ...

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインの見方 の記事一覧

デザインに王道はない(この記事です)
「きのうまでの自分を超えた」ところに、技術はある。
「Rez」から学ぶ、人に受け入れられる本当の“新しさ”とは?
時代を超えて輝きつづけるとしまえんの広告
ハートランドビールが愛され続ける理由
アーヴィング・ペンの緻密さ!構図!光!

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る