IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE RELAY

社会課題解決に向けたパッケージ技術の応用

三井化学

【PR企画】
1つのパッケージの中の、2つの房に納められた水と栄養成分。そのパッケージをギュッと握ることで、それらは1つに混ざり合う。子どもでも簡単に扱うことができる。このロック&ピール®の技術を佐藤カズーさんは社会課題解決に向けたプロダクト「FASTAID」に仕上げた。

プロダクトの存在意義を考えぬく

三井化学が持っているさまざまな先端技術のオリエンを受け、企画を考える前に行なったことは「三井化学という企業が社会に存在する意味」を調べること。つまりブランドパーパスを知る作業でした。わかったことは3つ。
(1)イノベーションによって持続可能な社会を実現する、
(2)社会が抱える課題の解決を行う、
(3)グローバルで必要とされる企業になるというパーパスでした。
この3つをクリエイティブアイデアやデザインを模索する上でのベンチマークとし、イシューハンティングから始めました。

チームと打ち合わせする過程で発見したのが、自然災害が起きた場所や後発開発国における難民キャンプなどでは、「清潔な水と栄養が同時に存在しない」という事実です。これらを一つのパッケージに組み合わせ、セットとして届けることが可能になれば、こうした地域の問題解決につながるのではと考えました。

「FASTAID」は、1つのパッケージの中で2つの異なる内容物を保存し、使用時にワンタッチで混ぜ合わせることができる、ロック&ピール®樹脂を使ったパッケージをベースにしています。この樹脂技術の素晴らしさは異なるものを同梱、保存ができる、これにつきます。今回のアイデアのポイントはこの技術を応用して、1つの魅力的なプロダクトに昇華することです。魅力的というのは見た目の美しさではありません。このプロダクトの存在意義です。その存在意義をアイデアによって与えてあげるというのが目指したところなのかもしれません。

デザインは直感的にわかるものにし、人々の気持ちを和らげるように、明るいビタミンカラーを選んでいます。まだプロトタイプですが、近い将来、三井化学のCSR活動の一環としてプロジェクト化できるよう、関係団体と会話を始めようとしています。「サステナブル社会のためのテクノロジー」を実現すべく引き続き頑張ります。

01 FASTAIDのコンセプト


02 デザインラフ


03 パッケージの構造ラフ 佐藤さんの仕事より


04 SUNTORY「3D on the Rocks」
05 QUIKSILVER「TRUE WETSUITS」

今月使った素材について

三井・デュポン ポリケミカルのロック&ピール®樹脂は、パッケージを製造する際のヒートシール温度を変えるだけで、完全シールとイージーピールの異なる機能を使い分けることが可能な新素材で、食品や化粧品の2室分離袋のパッケージとして採用が広がっています。2つのシール状態を1つの素材で簡単に実現できるため、「1つのパッケージの中で、異なる内容物を保存・携帯し、使用時はワンタッチで混ぜ合わせられる」新しいパッケージとして内容物の消費期限向上や、利便性向上、新しいパッケージの体験価値を提供しています。今後ますます重要になってくるフードロス削減やユニバーサルデザインへの対応策として注目が集まっています。

  • CD:佐藤カズー
  • C:市川直人、梅田哲矢
  • AD+D:河野吉博
  • クリエイティブテクノロジスト:松倉昌志
  • 撮影:児島孝宏(博報堂プロダクツ)
  • レタッチ:宮本准(デジモ)
  • PR:吉川房江
  • 印刷:アートファクトリー

TBWA\HAKUHODO 佐藤カズー(さとう・かずー)
TBWA\HAKUHODO エグゼクティブ クリエイティブ ディレクター。1973年横浜生まれ。メディアの枠を超えたBig Ideaで、150以上の国内外の賞を受賞。またカンヌ国際広告祭をはじめ数々の国際広告賞の審査員にも選出されている。2011年クリエイターオブザイヤー・メダリスト。

CREATIVE RELAY の記事一覧

社会課題解決に向けたパッケージ技術の応用(この記事です)
自然の驚異に左右されない強さ
いつもの紙では実現できなかった表現
ピンクリボン活動に新たな気づきをもたらしてくれた映像
お弁当はもうひとつの“故郷” 西友×ブレーンコラボCM制作の舞台裏
一番人気を手にするのは誰だ?西友×ブレーン コラボ映像企画「ゼロ動」始動!
大切な人の笑顔のために、いま何をするべきか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る