IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

中高生をざわつかせる魔法の言葉

Cygames「グランブルーファンタジー」

Cygamesが開発・運営を手がけるスマホゲーム「グランブルーファンタジー」。質の高い本格RPGとして20~30代に定着しており、さらなる登録者数増大を狙い、昨年末より新しいCMが放映している。



01,02 「グラブってる? 屋上」篇(CM)

尖った表現で気になる仕組みをつくる

「ってか、お前あいつとグラブってるの?」「グラブろうがどうしようが、私の勝手でしょ」。校舎の屋上でなにやら男女の学生が言い合いをしている。初々しい青春の一場面だが、はて「グラブる」とは一体どういう意味?

CMは、中高生をはじめとする若い世代をターゲットに「グラブる」という謎の言葉をキーワードにゲームの魅力を訴求している。出演は菅田将暉さん、早見あかりさん、松重豊さん、富田靖子さんら実力派俳優陣に加え、芸人のトレンディエンジェルやジャングルポケット(太田博一さん)など旬なキャスティング。学校の屋上や図書館、家族の食卓、アルバイト先のレンタルビデオ店、会社の送別会などさまざまな場面で「グラブる」というキーワードが、見る人それぞれの想像力をかきたてる。

30、40代が熱中したドラクエやFF(ファイナルファンタジー)のように、本格RPG(ロールプレイングゲーム)はプレイした人にとって馴染み深い青春であり、友人同士の共通体験として思い出が残る。今の10、20代にも同じようにRPG体験における開拓の余地があるのではないか。そう考え、ターゲットを中高生に特化したコミュニケーションを設計した。「以前から遊んでいるユーザーの間では“グラブル”という略称で親しまれています。その言葉を柱に集約・事件化することで中高生の間で話題に上り、拡散を狙いました。1度ダウンロードしたら離脱率の低いゲームなので …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

ビジネスマンを狙い撃ち!オンラインに特化したVAIOの動画キャンペーン
中高生をざわつかせる魔法の言葉(この記事です)
新機軸を打ち出し続ける「モンスト」CMの快進撃
GReeeeNの曲に乗って、総勢200人の県民が登場する宮崎県PRムービー
新ジャンルの保険を開拓する多角的キャンペ―ン
人気アニメの“主人公”で見せる新しい家族の在り方
ブランドの思想を伝える“目を閉じた”ビジュアル
商品パッケージを大胆変更!「ヒゲ」が主役のキャンペーン
資生堂パーラー25年ぶりのフルリニューアル デザインは仲條正義氏
ドローン空撮×360°高精細映像。世界の絶景を旅する新体験
ロボットのキャラクターが本を通して出会う人間の“感情”とは?
自分そっくりサンリオ風キャラクターが作れる!大人気「ちゃんりおメーカー」の制作舞台裏

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る