IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

北陸レポート

北陸のコピーライターに聞く HCCの今とこれから

HCC(TOCC)

富山コピーライターズクラブ(TOCC)から北陸コピーライターズクラブ(HCC)に名称変更して4年。北陸3県のコピーの今とHCCのこれからについて、金沢で活躍する会員の皆さんに聞いた。

01 左から、
日本エージェンシー 大久保浩秀さん、アイアンオー石井陽一さん、ワザナカ 宮保真さん、電通西日本 金沢支社の盛田真介さん。

――TOCCからHCCに名称変更した経緯について、改めて教えてもらえますか。

石井▶ 名前には「富山」とついていますが、TOCCも元々北陸3県のコピーライターの団体だったんです。しかしそれがあまり知られておらず、TOCC賞には福井や石川から応募資格があると思われていなかった。そこで、「北陸」というエリア名を冠することで、3県のコピーライターたちに自分たちの団体であると認識してもらい、北陸エリアで力を合わせて発展していきたいと考えたんです。現在の会員は24人。ここ3年は連続で石川から最高賞が出ていて、残り2県は押され気味です(笑)。

――2015年の最高賞は、電通西日本盛田真介さんが受賞されました。盛田さんは関西から金沢にいらしたそうですが、金沢の環境をどう感じていますか?

盛田▶ 真面目で品があるもの、情緒的なものが好まれる土地だと思います。少なくとも、お笑いではないなと。

石井▶ 富山はデザインが強く、金沢は美術が強いイメージがありますよね。

大久保▶ 金沢は広告を出稿するメーカーのクライアントが少ない。その代わり、流通や小売りのクライアントが多いと感じます。しかし …

あと49%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

北陸レポート の記事一覧

北陸のコピーライターに聞く HCCの今とこれから(この記事です)
北陸3県で輝こう!地域活性セミナーを金沢で開催

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る