IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

商品パッケージを大胆変更!「ヒゲ」が主役のキャンペーン

AGF「ヒゲで遊ぼう」プロジェクト

〈マキシム〉〈トリプレッソ〉のパッケージからヒゲが​消えた!?AGF(味の素ゼネラルフーヅ)では、9​月に同商品の「ヒゲなしパッケージ」を期間限定で発​売、交通広告や動画を使ったキャンペーンを行った。

01 期間限定のヒゲなしパッケージ。
自分でヒゲを書き込んで、オリジナルパッケージを作れる。
上部のシールは5種類あり、「自由をはやせ。」などの楽しいコピーも話題に。

店頭は最強のメディア

〈マキシム〉〈トリプレッソ〉は、2013​年4月に発売されたチルドカップコーヒー。​メインターゲットは20~30代の男性で、​「3倍高密エスプレッソ」を使用した濃厚​な味わいが特徴のカフェラテ商品である。​そして、もう一つの大きな特徴が、パッ​ケージに印刷された「ヒゲ」。このヒゲは​バリスタのイメージで、こわだりの味の象​徴でもある。商品にチャーミングなキャラ​クターを与えると共に、広告にもたびたび​登場してきた。

これまでの調査で、このヒゲが店頭の認​知向上に大きく貢献していることがわかっ​ていたという。同商品のマーケティングを​担当するAGF 家庭用事業部 主査の山本倫​子さんは「商品の認知経路は、約9割が店​頭です。店頭でヒゲのパッケージがまず目​に入り、そこから『3倍高密エスプレッ​ソ』という商品特徴に興味を持ってもらえ​る流れができています。ですから、店頭で​しっかりと訴求することが、キャンペーン​の効率を高めると考えていました」と話す。​今年発売後3年目を迎え、商品の認知は順​調に伸び続けているものの、直近では購入​者数が伸び悩んでいた。そこで、店頭で効​果を発揮していたこのヒゲに着目し、ヒゲ​を使った店頭での製品キャンペーンを企画​することで、新たな購入者層を獲得したい​と考えた。

茶目っ気あふれる展開で若者の心をつかむ

03 手書きで1枚1枚違うヒゲを書き込んだ2万枚の中吊りポスターを
9月14日~20日まで東京メトロにて展開。

こうして企画されたのが、期間限定の​「ヒゲなしパッケージ」である。パッケー​ジからヒゲが消え、その代わりに透明シー​ルに印刷されたヒゲがパッケージから飛び​出すように貼られている。「パッケージに​ヒゲを自分で描いて楽しんでもらうことで ...

あと51%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UPの記事一覧

PICK UPの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る