IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

EDITOR'S CHECK

『けものみちの歩き方』、エレファントカシマシのCDほかのデザイン

img01

『けもの道の歩き方』
千松信也

(リトルモア)

○装丁/小板橋基希
○絵/松本晶、木口裕香(カバー)

本書は、京都在住の猟師、千松​信也さんによる7年ぶりの著書。​「都市偏重を疑い、地方での職の​可能性を探る本書ゆえに、東京だ​けで作り上げてしまいたくない」​という編集担当者の思いもあり、​山形県在住のデザイナー 小板橋​基希さんにデザインを依頼した。

千松さんの希望で、カバーに使​う鹿の絵は決まっていた。「その​鹿の絵はやさしい印象で描かれて​いました。ただ、本の内容は人間​と動物の関係をテーマにしている​ので、もう少し緊張感を出したか​った。そこでイラストを円で囲み、​人間と動物の境界線を感じてもら​えるように“けもの世界への入口”​をイメージしたデザインにしまし​た」。その周りを秀英横太明朝に​平体をかけた、少し癖のある書体​のタイトルで囲んだ。

カバーには、ラフな風合いの紙​ブンペルを使用。“けもの感”を出​すべく、赤金の特色インクを載せ​て、動物の皮を思わせる質感に。​表紙には、皮を剥がれた動物の肉​の色をイメージし、濃いめの赤で​印刷した。腰の柔らかい本文用紙​を使ったことで、本そのものもし​なやかに仕上がり、全体として​“けもの感”に満ちた1冊となった。


 


img02

「愛すべき今日」
エレファントカシマシ

(ユニバーサルミュージック)

○AD+D/打越俊明
○撮影/アミタマリ
○ST/伊賀大介
○HM/茅根裕巳

エレファントカシマシの「愛す​べき今日」のスリーブを開くと、​メンバー4人の顔が並ぶ。それぞ​れの顔に動物や植物、幾何学模様​などが施されており、なんとも不​思議なビジュアルに仕上がってい​る。これは写真家アミタマリさん​が撮影した写真をベースに ...

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S CHECK の記事一覧

『けものみちの歩き方』、エレファントカシマシのCDほかのデザイン(この記事です)
にせんねんもんだい「#N/A」、「東京防災ブック」ほか
YMO「NO NUKES 2012」、川崎アゼリアロゴほかのデザイン
谷川俊太郎『あたしとあなた』、KIRINJI「真夏のサーガ」ほかのデザイン
湊かなえ『リバース』のブックデザイン、SHERBETS「きれいな血」のCDジャケット
人気モデル 三戸なつめのCD、トーンモバイルのロゴほかのデザイン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る