IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

パッケージデザインでブランドをつくる

光るペットボトルに翻訳AR…最新技術のパッケージ

ブランド強化、​インバウンド対策など​クリエイティブの幅を広げる​パッケージの技術も進化している。​ここでは、最新の話題を紹介する。

テトラ・ブリック・アセプティック
250スリムリーフ

持ちやすさとデザイン性高めた
木の葉型の新容器

日本テトラパックは、主力商品の常温保​存可能な紙容器シリーズのラインナップを​拡充し、新容器の「テトラ・ブリック・ア​セプティック250スリムリーフ」を発表し​た。従来の四角い4つの辺のうち、1対角​線上の2つの辺を「木の葉(リーフ)」の​形にそぎ落した形状が特長で、ユーザビリ​ティとデザイン性を兼ね備えている。リー​フ面は視認性が高く、訴求したいメッセー​ジを目立たせることができ、手になじみや​すい。強度の高い包材を採用することで持​ちやすさと飲みやすさも追求している。カ​ゴメの「野菜生活100」「野菜一日これ一​本」に採用され、10月よりコンビニエン​スストア限定で発売している。

 

「Illumicap」デバイス

スマートフォンで光を制御する
世界初のキャップデバイス

キリンとIoT企画会社WHITEは共同で​新しい飲料体験を創出することを目的に、​「Illumicap」デバイスを開発。Bluetooth​モジュールとLEDライトを搭載したペッ​トボトルキャップで ...

あと50%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

パッケージデザインでブランドをつくる の記事一覧

お茶を徹底的に知ることから導き出されたデザイン
光るペットボトルに翻訳AR…最新技術のパッケージ(この記事です)
「買いたい」という衝動をデザインする
大切なのは本音のコミュニケーション
不揃いのトフィーから生まれた形
人に話したくなるパッケージ
伝統の菓子文化を未来へ伝える
130年前のボトルを復刻

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る