IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

パッケージデザインでブランドをつくる

お茶を徹底的に知ることから導き出されたデザイン

san grams 丸松製茶場

2015年4月、静岡県菊川市にお茶専門のカフェ​「san grams(サングラム)」がオープン。​同時に新しいお茶ブランドも立ち上がった。​そのパッケージはシンプルでありながら​さまざまな用途に活用できるよう​徹底して考えぬかれたものである。

01 san gramsのパッケージ。
緑のシングル茶のパッケージを基本に、トライアルパッケージ、お菓子のパッケージを展開する。

従来の売り方を変える

100年続く静岡県の老舗製茶メーカー​丸松製茶場がオープンしたお茶専門カフェ、​そして新しく立ち上げたブランド「san grams(サングラム)」。​ここはドラフトがブランディン​グを担当し、同アートディレクター川上恵​莉子さんが立ち上げから参加している。​「いまから2年ほど前、代表の宮田識に相​談したいことがあるとクライアントから直​接会社に連絡がありました」と川上さん。​ペットボトルでお茶を飲む習慣が定着し、​急須で淹れる茶葉の売上げが落ちている。​その状況をどうにか食い止め、お茶業界を​盛り上げていきたい――。それが丸松製茶​場からの相談だった。

同社の抱える課題や現状を把握し、情報​を整理するために、丸松製茶場や周辺のお​店、市場などを取材。それによってわかっ​たことの一つは、日本で販売されているお​茶のほとんどが、いくつかの茶葉をブレン​ドしているということ。丸松製茶場も農家​から荒茶という状態の茶葉を買い付け …

あと83%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

パッケージデザインでブランドをつくる の記事一覧

お茶を徹底的に知ることから導き出されたデザイン(この記事です)
光るペットボトルに翻訳AR…最新技術のパッケージ
「買いたい」という衝動をデザインする
大切なのは本音のコミュニケーション
不揃いのトフィーから生まれた形
人に話したくなるパッケージ
伝統の菓子文化を未来へ伝える
130年前のボトルを復刻

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る