IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

地域にはクリエイティブディレクションが必要だ!

金沢市長インタビュー「クリエイターとの共生は金沢のDNA」

山野之義(金沢市長)

金沢市は江戸の昔からクリエイターに着目し、共に手を組んで“まちづくり”を行ってきた。北陸新幹線の開通で注目の集まる中、「交流拠点都市金沢」を掲げ、クリエイターと一層深い関係を築こうとしている。

山野之義(やまの・ゆきよし)
1962年金沢市生まれ。ソフトバンクを経て、1995年より金沢市議会議員。2010年より金沢市長。2014年8月辞職のち、10月出直し選挙にて再選。クリエイター支援制度などの整備による首都圏からの誘致にも積極的に取り組む。

江戸時代から続くクリエイター文化

金沢のまちをクリエイターと共に作り上げていくという方法は、歴代の市長に限らず、前田家の殿様の時代から行われていることです。私は「金沢のDNAである」と言っています。江戸時代、金沢は百万石の大きなまちだったので、徳川幕府から一大勢力になりうると常に睨まれていました。そこで三代目藩主の利光公は、反勢力ではないと幕府に示すために「武ではなく文に力を入れる方針」をとるようになりました。

それが本格化したのは五代目藩主・綱紀公のときです。綱紀公は全国から優れた工芸品を集めた標本集「百工比照」で有名ですが …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

地域にはクリエイティブディレクションが必要だ! の記事一覧

金沢市長インタビュー「クリエイターとの共生は金沢のDNA」(この記事です)
東京の視点と地域の魅力が交差する場をつくっている
クリエイターと自治体の信頼から生まれる「新しい観光」
地域 × クリエイティブ 最新トピックス
ブランディングの手法で滋賀県の魅力を浮かび上がらせる
県の情報発信に トータルな視点を通していく仕事 ― 福島県CD箭内道彦さん
ソーシャルデザインの手法で町の10年ビジョンをつくる 高知県佐川町
デザインマネジメントで地域再生に挑む 京都与謝野町
地域にクリエイティブディレクターが続々誕生 その背景とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る