IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

言葉力が光る ラジオCM

名作ラジオCM10選 その10 ラジオはあくまで、自分メディア

白土謙二

歴史に残したいラジオCMを編集部が選びました。発想の原点、技術的な工夫など制作者のコメントともに紹介します。

視聴可能な音源はこちらのページで聴けます。

(音源公開は9/30までとなっております)。
https://www.sendenkaigi.com/brain-201510-special-contents.php

ラジオはあくまで,パーソナルなメディアです。ですからラジオCMを企画する時は、テレビとは違い“みんな”ではなく“ひとり”の人に聴いてもらう前提で考えます。ですから、私は、自分が本当に面白いと思っているか、聴いてみたくなるような内容なのかに、徹底的にこだわって企画をします。自分は企画者であると同時に,それを聴く最初の“ひとり”でもあるわけですから。

この「寺山修司 色と音」は、当時ソニーさんが一社提供されていた深夜のFM音楽番組のために制作したものです。毎回90秒CMを3本オンエアするのですが、予算的にそう多くは作れないので、繰り返し流せるように、じっくり企画して1年分の10本を、シリーズとしてまとめて制作する方法を採っていました。

高音質なカセットテープという自由度の高い商品だったので …

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

言葉力が光る ラジオCM の記事一覧

ラジオCMの神髄は 「非機能」にあり
耳よりラジオトピックス
ラジオ、そしてラジオCMには、これからたくさんの可能性がある。
ラジオでしかできない、ラジオならではのアイデア
名作ラジオCM10選 その10 ラジオはあくまで、自分メディア(この記事です)
名作ラジオCM10選 その9 長距離ランナーの孤独
名作ラジオCM10選 その8 方法論はありませんが…
名作ラジオCM10選 その7 「構造」から考えると色々見えてくる
名作ラジオCM10選 その6 下駄箱を神殿としてどう描くか
名作ラジオCM10選 その5 主役は効果音、言葉は少量
名作ラジオCM10選 その4 至福の録音だった 金鳥のラジオ小説
名作ラジオCM10選 その3 ラジオは「間」である
名作ラジオCM10選 その2 ラジオCMは「出だし」が肝心?
名作ラジオCM10選 その1 HONDAは大阪でも1位に
ラジオCM制作の基礎中の基礎

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る