IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

セレクト10

今月の展覧会:「20世紀琳派 田中一光」「ディン・Q・レ展:明日への記憶」「カフェ・イン・水戸 R」ほか

teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe

teamLab Exhibition, Walk
Through the Crystal Universe

チームラボの新作「Crystal Universe」は、宇宙空間における光の動きを表現したインスタレーション。3次元の動く立体物をインタラクティブに立体のまま映し出す独自の4Dビジョンを用い、無数の光を3次元空間に粒子として配置。宇宙を想わせる空間には、6万個におよぶLEDの光が瞬く。鑑賞者は歩きながら思わず引き寄せられ、浮遊するような感覚を体感できる。

teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe
ポーラ ミュージアム アネックス
8月21日~9月27日
会期中無休
お問い合わせ→03-5777-8600

 

フィールドオフィス・アーキテクツ
©Chen,Min-Jia

会場写真ⓒNacása & Partners Inc.

フィールドオフィス・アーキテクツ展

台湾の建築家・黄聲遠(ホワンションユワン)率いる設計集団フィールドオフィス・アーキテクツ。宜蘭(イーラン)という地域を拠点に、人と社会、自然や環境とをつなぐ新しい町のあるべき姿を追求した20年にわたる壮大なプロジェクトは、国内外で20以上の賞を獲得。本展は宜蘭の町づくりから得た4つの「気づき」をテーマに、映像や写真、模型、インスタレーションなどで活動を紹介する。

フィールドオフィス・アーキテクツ展
TOTOギャラリー
開催中~9月12日
月曜・祝日・8月8~17日休館
お問い合わせ→03-3402-2541

 

ヨーガン レール
《浜辺のゴミで作ったランプ》2013年

アルフレド&イザベル・アキリザン
「住む:プロジェクト―もうひとつの国」
展示風景 2013年
金沢21世紀美術館 撮影:木奥惠三
画像提供:金沢21世紀美術館【参考図版】

おとなもこどもも考える
ここはだれの場所?

ヨーガン レール、岡﨑乾二郎、会田家(会田誠、岡田裕子、会田寅次郎)、アルフレド&イザベル・アキリザンの4組の作家たちが、美術館の展示室のなかに、「ここではない」場所への入口を作る。それらは、言うなれば「社会」と「わたし」の交差点。「地球はだれのもの?」「美術館はだれのもの?」「社会はだれのもの?」といった本質的な疑問にアートで答えてくれるような作品が展示される。

おとなもこどもも考える ここはだれの場所?
東京都現代美術館
開催中~10月12日
月曜休館(9月21日、10月12日は開館)、9月24日
お問い合わせ→03-5245-4111

 

《大客室》(松井写真館 1933年頃)

《次室》(松井写真館 1933年頃)

東京都庭園美術館 外観

アール・デコの邸宅美術館
建築をみる2015
+ ART DECO COLLECTORS

今年7月に国の重要文化財に指定された旧朝香宮邸。建築そのものを鑑賞する「建築をみる2015」展は、内装と一体となってデザインされたオリジナル家具や調度を用いて …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

セレクト10 の記事一覧

今月の展覧会:「20世紀琳派 田中一光」「ディン・Q・レ展:明日への記憶」「カフェ・イン・水戸 R」ほか(この記事です)
今月の展覧会:「Groovisions firstlight」、「写真家としてのル・コルビュジエ」展、「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」ほか
今月の展覧会:「森野和馬3Dシアター『PINK SKIN』vol.1」「ミナ ペルホネン展覧会『1∞ミナカケル』」「TWS-Emerging 2015」ほか
今月の展覧会:『スプニツ子!「Tranceflora ─エイミの光るシルク」展』、『SICF16』、『◯◯◯も◯◯◯も◯◯◯も展:◯◯◯も◯◯◯といえる』ほか
今月の展覧会:『みんなにうれしいカタチ展』『すごいやり方。One Show 2014』『竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション09』ほか
今月の展覧会:『川島小鳥+谷川俊太郎|おやすみ神たち』三木健展『学び方のデザイン「りんご」と日常の仕事』ほか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る