IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

QUESTION

「いつか超えてやる」と目標にしている海外の広告は?

矢後直規/長谷川羊介/鈴木美生/高上 晋/荒尾犬帥/鳥巣智行

あの人はどう考えているの?その時もっとも気になる質問に対して、複数のクリエイターに回答していただくコーナーです。

Q. 「いつか超えてやる」と目標にしている 海外の広告は?

矢後直規(やご・なおのり)

SIX アートディレクター/グラフィックデザイナー

A. エル・リシツキー「赤い楔で白を撃て」

革命のシンボルになってしまったこのポスター。大学の時に初めて目にしました。今でもアヴァンギャルドに感じます。人の先に立ち先導し、100年後も色褪せないデザインをいつかしたいです。リシツキーはこの時29歳、僕は今28歳、うーん。


 


長谷川羊介(はせがわ・ようすけ)

ジェイアール東日本企画 クリエイティブディレクター

A. Apple「Think different.」

このCMを見て以来、アップル製品から浮気したことがありません。“企業の考え方”が素晴らしいのはもちろん、出演者の選定、ナレーションなど全てが完璧で、今のアップルの根幹を作った聖書(バイブル)のような広告だと思います。「新しい考え方があれば、それが一番強い表現になる」という広告の基本を …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

QUESTION の記事一覧

「いつか超えてやる」と目標にしている海外の広告は?(この記事です)
もっとも感銘を受けた プレゼンテーションは?
ここ1年で、あなたが選ぶベストコピーを教えてください。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る