DESIGN/COPY/WEBクリエイティブの専門メディア

デザインの見方

商品の世界観を教えてくれた ガンプラの箱絵

金井理明

石橋謙一さんが描いていたバンダイ「機動戦士ガンダム」プロトタイプシリーズ。

小学2年生のとき、骨折をして入院をしました。そのとき、お見舞いに来た人からもらったのが、「機動戦士ガンダム」のプラモデル、いわゆるガンプラです。それをもらったことで、僕は初めてガンダムの存在を知り、以来ファンになりました。退院後、しばらくしてから父が「絵を描いているおじさんに会いに行こう」と僕を連れ出したんです。そのとき初めて会ったのが、石橋謙一さんという親戚のおじさん。実はこのおじさんは、バンダイから発売されていたガンダムのプラモデルの箱絵を描いていた人だったんです。ガンプラは当時、子供から大人まではまっていた玩具。これまでも親戚の集まりなどで顔を合わせたことはあったようですが、とてもシャイなおじさんで、話をしたことがなかったし、顔も覚えていなかった。自分の親戚にそんな人がいたことにも驚きました。

ガンプラにはいろいろなシリーズがあるのですが …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインの見方 の記事一覧

商品の世界観を教えてくれた ガンプラの箱絵(この記事です)
面接の日に、偶然出会ったポスター
ジャン・ポール・グード その濃厚なビジュアルがもたらす美しく夢を見ているような感覚
より少ないことは、より豊かなことに~ミース・ファン・デル・ローエから学んだこと
ロゴには「発明」がたくさん詰まっている