IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

WORLD WATCH

ロンドンに出現した美術館のような小児病棟

イギリス「The Children’s Hospital at the Royal London」

01 小児患者のセラピー用のスペース「The Ann RichesHealing Space」。
巨大な家具やオブジェを配置し、童話の中のような世界観の中で遊べるスペースになっている。

患者もスタッフも 顔が明るくなる空間

今回紹介するのは、ロンドン東部のホワイトチャペルにあるロイヤル・ロンドン・ホスピタル新館に近年オープンした小児病棟。ここは1740年に創立した由緒ある病院で、あの映画「エレファントマン」の舞台にもなった場所。18世紀に建てられた病院の建物は趣があり、なかなかにいい雰囲気だったのだが、老朽化が激しくなったために現在は同じ敷地内の新病棟に主な機能が移行しつつある。

新館の小児病棟は2013年から現在までアートプロジェクトが継続されており、ロンドン東部に拠点を置くデザイナーやアーティストも多く参加。一番の目玉は2013年にオープンした0歳から18歳までの患者のセラピー用のスペース「The Ann Riches Healing Space」。室内は吹き抜けの天井、壁一面はガラス張りになっていて、自然光が溢れる快適な空間はまるで美術館のよう。インテリアは建築事務所Cottell&Vermeulenと女性アーティスト、モーラグ・マイヤーズコフ(Morag Myerscough)とのコラボレーションで、直径4.5メートルのランプシェードをはじめとした巨大な家具やオブジェを配置し、不思議の国のアリス的な世界観を演出。レトロなテレビの内部はゲーム用の部屋になっていて …

あと49%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

WORLD WATCH の記事一覧

ロンドンに出現した美術館のような小児病棟(この記事です)
オルタナティブな食への転換を象徴する、ベルリンのレストラン「マークトハレ9」
アムステルダムにオープンした世界初の微生物ミュージアム「Micropia」
7組のミュージシャンに700種のジャケット、「7」づくしの音楽イベント
ベルリンCUCULA 70年代イタリアのオープンデザインがひらく、漂着船の未来
禁ドラッグ、禁タバコ、禁アルコールの健康的クラブ、『Chocolate Club』

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る