IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

TOKYO WORKER

町工場をリノベーションした写真家 皆川聡さんのスタジオ

Studio I-AM 皆川聡

01 スタジオ内観。元町工場の躯体を生かしてリノベーションした。ロフトはリノベーションした際に新たに設置したもの。天井を照らすクラブ風のカラフルな照明は、照明一体型のブルートゥーススピーカーから照射されている。カメラマンゆえに照明にはこだわりがあり、スタジオ内にはさまざまな種類の照明が設置されている。

02 スタジオ外観。2階は事務所として使用。

03 大きな両開きの扉も特注で制作。素材は什器と同じく木と鉄で統一している。

04 ミーティングスペース。テーブルや椅子などの什器は兵庫で鉄工具の輸入・製造を手がける友人に依頼し、オリジナルで制作してもらった。

東京 不動前の閑静な住宅街にたたずむ、一見昔ながらの町工場。その中は、写真家の皆川聡さんのスタジオだ。天高のある程よく開放的な空間の中に、打ち合わせスペースやメイク用ブースなどがコンパクトに収まっている。元工場らしい雰囲気を残しつつ、照明などでポップな要素を取り入れ、心地よい空間を作りあげた。「前の事務所も不動前で、最初は近所で事務所用の広めの物件を探していたんです。けれど、この工場を一目見て、『ここをスタジオにしよう!』と思い立ちました」。

かつてロンドンで仕事をしていた時 …

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

TOKYO WORKER の記事一覧

町工場をリノベーションした写真家 皆川聡さんのスタジオ(この記事です)
社名の由来にちなんでグレーのレンガ壁を設置――GREYの新オフィス
地下に広がる倉庫のようなオフィス空間――AKQA Tokyoの新オフィス
グリーンあふれる 事務所兼「農園」――高橋理子さんの新しいスタジオ
出会い頭のコミュニケーションを重視したスペース
小さな山を毎日登るような建物

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る