IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

記憶に残る「体験」のデザイン

最高の笑顔を引き出すためのサプライズ企画

マクドナルド 「imlovinit24」

今年3月24日、マクドナルドはグローバルプロジェクト「imlovinit24」を実施した。これは世界24都市のマクドナルドが、24時間を通して24のサプライズを実施するというプロジェクトである。



01 「マクドナルド スマイルフォトブース」の様子。
この企画では実際のクルーが参加し、商品の提供もあったため、近隣のマクドナルドの店頭と連携した。

世界24都市同時にサプライズを実施

マクドナルドが大切にする「FUNをお客様と共有し、お客様と"笑顔"でつながりたい」という想いを具現化するべく、当日は北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、アジアの世界計24都市にて、さまざまなサプライズが実施された。このプロジェクトを進めたのは、TBWAグローバルネットワーク。日本ではTBWA\HAKUHODOが担当した。

「テーマは“moment of joy”。非日常の楽しい体験を提供したい」と、日本チームが企画したのは「マクドナルド スマイルフォトブース」。「笑顔が生まれる瞬間=写真を撮る瞬間と考え、日本ならではの設えとしてフォトブースを使うことを提案しました」(クリエイティブディレクター 新目要さん)。

会場となった二子玉川ライズの広場に設置されたのは、ピンクで彩られたフォトブース。「マクドナルドオリジナル写真が撮れる」という案内で、ブースに入った来場者が自らを撮影し、プリントが出てくるのを待っていると…。受け取り口が開き、突然、ビッグマックとマックフライポテトを載せたトレーを持った本物のマクドナルドクルーが登場するのだ。当然のことながら誰もが驚き、その後思わず笑顔になる。その笑顔の瞬間を再び撮影することが、この企画の目的だ。「フォトブースはあっと驚くような楽しい体験を通じて、最高の笑顔を引き出すための装置。そして、楽しい体験を提供しているのが、マクドナルドであることを伝えたかった」(新目さん)。撮影後は、自分たちの写真がプリントされたトレーマットと共に、ビッグマックなどが提供された。また、驚きの瞬間をGIFアニメにし、QRコードで参加者に渡した。体験時間は、約5分。「今回の施策で“マクドナルド=FUNを提供するブランド”というイメージがより高まればうれしい」。

世界24都市でのサプライズは …

あと30%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

記憶に残る「体験」のデザイン の記事一覧

羽田空港を舞台に「羽田劇場」が開幕
誰もが思わず反応した“10万匹”のプチプチ
人前でも“キスをしたくなる”仕組み
最高の笑顔を引き出すためのサプライズ企画(この記事です)
ひとりで楽しむVR映像をみんなで楽しむ映像に
300台の端末の個性を生かした合唱団
簡単なフローで自分の“未来”を診断する本棚
懐石から和魂洋才まで 日本の「食卓」を多様に表現
どんな人にとっても初めての経験をつくり続ける
“驚きの軽さ”を伝える前人未到の体験をつくる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る