IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

One Show レポート キーワードはイノベーションとジェンダー

畑中翔太(博報堂ケトル)

One Show レポート
キーワードは
イノベーションとジェンダー

5月8日NYのLincoln Centerで開催されたOne Show2015のセレモニー。今年も世界各国からの参加者で大きな盛り上がりを見せた。このOne Showのセレモニーへの参加は初めての経験であったが、それはエンターテインメントの街ニューヨークらしく、全体を通して何かひとつの“ショー”を観ているような一日だった。

OneShowのセレモニーは、受賞作品をすべて紹介するのではなく、Gold以上の作品のみを壇上で表彰するスタイルだが、受賞作品を次々に紹介していくカンヌのそれとは違い、合間に司会者のジョークを交えたトークを楽しみながら、その中で受賞作品を楽しむというような実にNYらしいエンターテインメント性にあふれたイベントであった。

しかしそこで表彰されたのは、昨年の主要アワードで受賞しているお馴染みの作品から、これから開催されるカンヌライオンズ等のアワードで“今年の顔”となるであろう骨太な作品たちばかりであった。

今年のOne Showはデザイン、フィルム、ダイレクト、インタラクティブ、ソーシャルメディア、UX/UIなど全13部門で構成されている。トップバッターとして発表されたのはIntellectual Property、UX/UI部門。他のアワードではあまり見かけない部門であるが、これらをデザイン部門やインタラクティブ部門などと独立させているのは、OneShowのひとつの特徴と言える。

この部門において気になったのは、汚染された食品が溢れる中国において、水や食べ物の安全性をデータでたしかめることのできる“箸”を開発した、百度の『Baidu Kuaisou』や、サメによる事故が多発するオーストラリアの海岸において、海中でサメを感知すると衛星を通じてビーチに警報を鳴らすシステムを開発した、Optusの『Cleverbuoy』(03)など、スタートアップのようにエージェンシーとクライアントが共同でテクノロジーシステムを開発したイノベーション業務の受賞が目立った。

私たちのチーム(02)の『Eye Play the Piano』も、このIntellectual Property 部門での受賞だったのだが、セレモニー終了後に『Cleverbuoy』で受賞をしていたM&C Saatchi/Sydneyのディレクターから、「VRというデバイスの可能性をクリエイティブが拡大していて、クライアントとエージェンシーの境目がもはやわからないところが素晴らしいね」という言葉を受けた。“クライアントとエージェンシーの境目がない”という概念は、イノベーション業務が特に集まるこの部門においてはキーワードかもしれない。

またOne Showにおいても花形であるFilm部門等の映像作品は、全体としてアメリカらしい、シニカルでジョークが効いているものが多かったように思えた。昨年のカンヌでもGoldを獲得していた、Old Spiceの『Dadsong』やHBO GOの『Awkward Family Viewing』などの常連から、Bestof Show にも選ばれたHealthcare.govの『Between Two Ferns』(04)はまさにアメリカならではのブラックユーモアにあふれたショーフィルムだ。

また会場でも大人気であった、YouTube広告のスキップされる前の時間に全ての要素を言い終えてしまう、GEICO(アメリカの自動車保険会社)の『UnskippableAd』シリーズ(05)は、Film部門もはじめInteractive部門においてもGoldを受賞していた。



ちなみに余談ではあるが、ONE SHOW セレモニーの1つの特徴として、受賞者が壇上でおこなう「6秒スピーチ」というものがある。受賞の喜びやチーム・クライアントへの感謝の意を述べたり ...

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

One Show レポート キーワードはイノベーションとジェンダー(この記事です)
菱川勢一ディレクション「動きのカガク」展、SANAAの模型を切り取ったトーマス・デマンドほか
マネジメントが考えるべきクリエイティブへのサポート
各県を代表するグラフィックデザイナー47人の展覧会ほか
35年の写真の軌跡を見る上田義彦写真展、佐藤卓とライゾマティクス展ほか
森本千絵さんが伊勢丹新宿店をまるごとディレクション、TDC賞2015 受賞作品
山口小夜子の活動を振り返る展覧会、亀倉雄策、生誕100年記念展覧会ほか
束芋、待望の新作アニメーション、ピエール・ユイグの実験映像ほか
ヤングロータス日本代表、決定。
恵比寿映像祭、NO MUSIC, NO LIFE ?写真展ほか
JAGDA新人賞2015、JAGDA賞、亀倉雄策賞決定
蜷川実花、岡崎京子、石川直樹+奈良美智ほかの展覧会

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る