IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

TOKYO WORKER

地下に広がる倉庫のようなオフィス空間――AKQA Tokyoの新オフィス

AKQA Tokyo

01 エントランスからフロアを眺める。元の壁を取り払いワンフロアにした。色は極力抑え、床はコンクリートと木材、手すりやデスクの脚などはアイアンで素材を統一。

02 エントランス。天井から下がるLED照明は、トラフのオリジナルプロダクト。
03 エントランスからフロアに下りる階段は、段の形状や高さがランダムになっていて、全社朝礼の舞台やイス代わりにもなる。
04 植栽を植える鉢もオリジナル。麻袋にコンクリートを流し込んで制作した。床のコンクリ素材の連続性を意識。

東京・広尾の閑静なエリアにAKQATokyoが青山から移転してきたのは、今年1月末。地上の小さな表札を手がかりに階段を下りると、地下に広がるのは大きなワンフロアの空間。ほの暗く落ち着いたエントランス、特大の長テーブル、天井高を生かした背の高い植栽。フロアの中心には外光が差し込む中庭があり、敷かれた白い石から反射した光がオフィス内を柔らかく照らす。東京オフィスを設立してから約2年、満を持して手に入れた“自分たちの空間”だ。

探していたのは、オフィスらしくないユニークな空間。この空間は、地下なのに …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

TOKYO WORKER の記事一覧

地下に広がる倉庫のようなオフィス空間――AKQA Tokyoの新オフィス(この記事です)
グリーンあふれる 事務所兼「農園」――高橋理子さんの新しいスタジオ
出会い頭のコミュニケーションを重視したスペース
小さな山を毎日登るような建物
設立10年目を迎える螢光TOKYOの新オフィス
コミュニケーションに「物語」を加えるADD STORY COMPANY

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る