IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

2015年注目のクリエイティブチーム

新たなCG表現を切り拓く スペシャリスト集団

slanted

主に自動車メーカー向けのCG映像、カタログ用CG画像などを制作するCG制作のスペシャリスト「slanted」。一般的なCGプロダクションと異なり、企画・演出や編集まで一貫した制作にも対応できるのが特徴だ。

01.jpg

slanted のメンバー(左ページ)。後列左から4 人目がディレクターの山内太さん、右から2 番目がプロデューサーの山藤真士さん。

企画も現場のディレクションも行う
CG制作集団

「slanted」とは、「独自の観点」や「ユニークなものの見方」を意味する単語。この言葉を冠する「slanted」のメンバーは「人と同じものが嫌、ありきたりが嫌という“いい意味でのへそまがり”が多いんです」とslantedディレクターの山内太さんは言う。slantedが手がける仕事の多くは自動車を題材にしたCGだ。例えば、トヨタ自動車のアクアのCM(01)では、ドラゴンクエストの音楽と共に車が古城から隊列を組んで登場する。実は車はすべて合成で、古城の風景も周りの建物を消したり道を作ったりとVFXを駆使している。TOYO TIRESのCM(02)では、AC Milanの選手がミラノの路地や屋根の上でボールを自在に操り、AUDIR 8が街中で激しい走行シーンを繰り広げる。選手はすべてグリーンバッグでの撮影、車も半分以上がCGだ。

02.jpg

01 トヨタ自動車「アクア LONG DRIVE 冒険篇」
© Toyota Motor Corporation. All Rights Reserved.電通+ピクト

03.jpg

02 TOYO TIRES 「AC Milan vs. Super Car by TOYO TIRES」
© TOYO TIRE & RUBBER CO.,LTD.電通+ダンスノットアクト

一般的なCGプロダクションとslantedの明確な違いのひとつは納品形態だ。通常、CGプロダクションは制作したCG素材を納品し、ポストプロダクションの本編集の中で実写素材とCG素材が合成(コンポジット)される。だが、slantedはコンポジットの段階まで自社内で行っている。一般的に本編集でコンポジットにかけられる時間は2~3日と余裕がないが、自社内で行うことで時間をかけられ、合成の完成度を格段に上げられる。

また、slantedのメンバーは全員オールラウンダーである。分業制は取らず、案件次第で、企画・演出・撮影アシスタント・編集・カラコレ・CG制作を行い、完パケまで仕上げる。海外での撮影に同行し、映像の完成イメージから逆算して照明やアングルを変える要望を現場で出すこともある。「slantedの仕事は部屋にこもって黙々とCG作業をするだけではありません。フィールドに参加することで、CGソフトの操作以外のCGクリエイターに必要なものを学ぶ機会は多いんです」。

CGで世界のトップレベルを目指す

slantedの“顔”である山内さんの経歴は少々変わっている。最初の就職先は宝石店、銀座の店舗で日々宝石を売っていた。ここで培われたプレゼンスキルが後々クライアントへのプレゼンで役立ったという。その後、ゲーム会社、CG会社数社を経て、2年前にslantedをプロデューサーの山藤真士さんと立ち上げた。元々映画監督になりたかった山内さんは、今ではCG映像で監督と呼ばれる立場になった。だが映画への夢は違った形で持ち続けている。「将来slantedを日本を代表するCG/VFXスタジオにしたい。ハリウッド映画のエンドロールによく名前がクレジットされるような存在になりたいですね」。

直近のslantedの展望としては、車以外の分野の仕事を広げたいという。「車のCG制作を通じて培ってきたモノの美しい見せ方は、ほかの商品にも幅広く応用できます」。既に飲料やコスメの仕事を手がけているが、より積極的に開拓していく考えだ。

実績を重ねる中で、「slantedがいるからこの企画は実現できるはず」と判断してもらえる機会も増えてきた。現在は約10名の制作体制で活動しているが、依頼が増え、注文に応えきれないケースも出てきている。「ディレクターができる人間を増やし、新人も育てて、同時並行で手掛けられる案件数を増やしたいと考えています。とはいえ、少数精鋭のスタイルはslantedらしさとして維持するつもりです」。人を増やしつつも、さらに大きな案件に取り組むための方法として山内さんが構想しているのが、技術力を持った複数のCGプロダクションでアライアンスを組むことだ。窓口をひとつにまとめ、全体で仕事を請けることで、クライアントは仕事を依頼できるCGプロダクションを探して奔走する必要もなくなり、会社同士で人や機材のリソースを融通して助け合うこともできる。

CGは、実写の単なる代替手段ではない。新たな創造のための表現開拓ツールだと山内さんは考えている。「CGが実現する表現の可能性を、クライアントにも、CG制作者自身にももっと知ってほしい。slantedという場を通じて、そのことを力強く発信していきたいんです」。

04.jpg

03 三菱自動車「2014 L200 Promotional Video」
© Mitsubishi Motors Corporation.アサツー ディ・ケイ+ダンスノットアクト

04 第43回東京モーターショー2013 Hondaブース「Honda S660 CONCEPT」
© Honda Motor Co., Ltd.電通+電通テック

05 マツダ「New Mazda CX-3 Launch Film」
© Copyright Mazda Motor Corporation 博報堂+ティー・ワイ・オー

2015年注目のクリエイティブチーム の記事一覧

新たなCG表現を切り拓く スペシャリスト集団 (この記事です)
比類なきクリエイティブテクノロジーカンパニー
国境もデジタルの境界もチームで乗り越える
フォトストックの常識を大きく変えたシャッターストックの試み
「映像の作り方」を変えていく
「デジタルの力で創りだす新しい広告のカタチ」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る