IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

TOKYO WORKER

グリーンあふれる 事務所兼「農園」――高橋理子さんの新しいスタジオ

高橋理子押上スタジオ

01 スタジオ1階は制作スペース、ショップ、ギャラリー、イベントなど多目的に使われる。什器はすべて特注で可動式。高橋さんのマネキンも、このスタジオ用に新たに制作したもの。


02 スタジオ外観。古い工場を建築家の長坂常さんが丸ごとリノベーションした。
03 2階は着物のショールーム。L字に配した鏡とへりなしの畳が印象的。着物や浴衣の相談やフィッティング、イベント用スペースにもなる。
04 3階の事務所スペースの外には、たくさんのグリーンが配置されている。

東京 押上駅から徒歩2分。昔ながらの下町の風景の中で、その建物は異彩を放つ。昨年10月にオープンしたアーティストの高橋理子(ひろこ)さんの新しいスタジオは、築50年の元建設資材の工場を丸ごと一棟リノベーションしたものだ。1階は制作スペース、ショップ、ギャラリーなど多目的に使う。2階は高橋さんがデザインした着物のためのショールームになっている。3階は事務所兼“農園”で、事務所スペースの周りには …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

TOKYO WORKER の記事一覧

グリーンあふれる 事務所兼「農園」――高橋理子さんの新しいスタジオ(この記事です)
出会い頭のコミュニケーションを重視したスペース
小さな山を毎日登るような建物
設立10年目を迎える螢光TOKYOの新オフィス
コミュニケーションに「物語」を加えるADD STORY COMPANY
クリエイティブ部門の心臓部は 長さ9mを超えるテーブル

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る