IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインの見方

より少ないことは、より豊かなことに~ミース・ファン・デル・ローエから学んだこと

𡈽橋通仁(電通中部支社)

Farnsworth House,Plano,Illinois,1945-1950
©Alan Weintraub/Arcaid/amanaimages

15年位前のこと。名古屋のとある住宅をお借りして、CMの撮影をしました。その家は森の中にポツンと建っていて、ガラス張りのモダンなデザインが印象的でした。撮影のとき、家主の方に「この家は、ミース・ファン・デル・ローエに影響されてつくりました」という話をお伺いしたんです。当時、僕は建築にまったく興味がなく、「ミースって誰ですか?」という感じ。その方が本を見せてくださり、そこで初めてミース・ファン・デル・ローエという建築家の存在とファンズワース邸を知りました。

それから数年経ったとき、同年代の建築家の方が「𡈽橋さん、ミース好きでしょう?」とDVDを貸してくれたんです。以前に家の写真を見たことを忘れていて、ミースと言えば、バルセロナチェア程度の知識。DVDを見て初めて、「あ、あの家をつくった人なんだ」とつながりました。そこからですね、興味を持って、本を読んだり、ネットで調べ始めたのは。それまで断片的にしか知らなかったミースの建築やプロダクト、彼の考え方が一気に結びつき …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインの見方 の記事一覧

より少ないことは、より豊かなことに~ミース・ファン・デル・ローエから学んだこと(この記事です)
ロゴには「発明」がたくさん詰まっている
突き抜けた個のグラフィックは国境も人種も超える
ピクトグラムの巨匠が手がけた個性的で愛嬌のある動物たち
デザインは楽しく、手を動かす
柔軟性や妙なバランス感覚をもった不思議なロゴ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る