IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインプロジェクトの現在

若手の発掘・育成、チャリティーと、 独自の活動を展開するルミネ

川島蓉子

「ルミネ」が独自性の高いさまざまな活動を展開している。ファッションビルという枠組みをはみ出すエネルギッシュなイベントを紹介する。

01,02 今年1月に開催された「Re Closet」の様子。


03 2月13日にリニューアルオープンしたルミネ新宿店には、
「LUMINE the QUARTIERLA」コーナーが常設された。

若手デザイナーズブランドを
発掘・育成する
「LUMINE the QUARTIER-LA」

「LUMINE the QUARTIER-LA」は、若手デザイナーズブランドを世に送り出そうと、ルミネが2001年から続けてきた活動だ。これをさらに強化しようと、昨年10月21日~25日まで、東京・外苑前のifs未来研究所サロンにて、合同展示会「LUMINE the QUARTIER-LA Exhibition & Market(以下 カルチェラエキシビション&マーケット)」を行った。リーダーを務めたのは、業態マネジメント部ディレクターの岸有恵さん。「どうしたら若手デザイナーズブランドの発掘・育成を本来的な意味で実現できるのか、ルミネならではの独自性を出せるのかを考え、外部プランナーの盛井康祐さんと一緒に企画した」という。盛井さんは、かねがね「合同展示会がいわゆる“展示会ビジネス”になっていて、出展料や設営費を負担できない若手が多い。もっとデザイナーズブランドと顧客、主催者が一緒に成長する場を作りたい」と感じていた。そして、この2人を中心に展示会づくりに挑戦したのだ。

「カルチェラエキジビション&マーケット」の特徴は大きく2つ。ひとつは、参加ブランドのアドバイザーとして、「コンシェルジュ」という役割を作ったこと。商品展示にとどまらず、ブランドの世界観を伝えながら、受注と販売の成果を得るための工夫を、さまざまな視点からアドバイスする人員だ。ここまで丁寧に出展者の面倒を見る展示会は前例がない。しかし、もともとルミネは、ファッションビルとして場所貸し業をやっているわけではない。フロアマスターという役割があり …

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインプロジェクトの現在の記事一覧

デザインプロジェクトの現在の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る