IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

C-1グランプリ

祝!100回記念 C-1歴代グランプリを振りかえる(前編)

プロ、アマ問わず競い合うコピーバトル、C-1グランプリ。2006年にスタートし、読者の皆さまのおかげで、ついに100回を迎えることができました。今回は100回記念のコピーバトル発表を前に、C-1歴代グランプリを振り返ります!そして、 100回記念のコピーバトルの結果は、「ブレーン」6月号(5月1日発売)で発表。ご期待ください!

ROUND1
女性にもっと立ち食いソバを利用してもらうためのキャッチフレーズ
谷山雅計(谷山広告)

まず、食べ過ぎません。(小川将史)

ROUND2
日本の出生率が上昇に転じるためのキャッチフレーズ
権八成裕(シンガタ)

私が2番、になるしあわせ。(山際良子)

ウンチまで愛せる人ができました。(佐藤由起子)

ROUND3
コピーのコピーを書いてください
眞木 準

コピーは、弱いものを強くする。(若杉幸祐)

ROUND4
先祖のお墓参りに行ってもらうためのキャッチフレーズ
山崎隆明※・直川隆久(電通関西支社)

後悔の言葉さえ、供養になる。(瀧澤慎一)

ROUND5
「さざえのつぼ焼き」のためのキャッチフレーズ
一倉宏(一倉広告制作所)

日曜日は、サザエの日。(朝長逸郎)

ROUND6
銭湯に人を呼ぶコピー
澤本嘉光(電通)

ああ、そういえばわたしたち人間でしたね。(内山奈央)

ROUND7
小学校の先生に注文したいことを、フレイズにしてください
小野田隆雄

学校へいく理由になってください。(遠藤元宏)

ROUND8
「不二家」再建のためのキャッチフレーズ
岡康道・麻生哲朗(TUGBOAT)

世界中のすべてのケーキにお詫びします。(若杉幸祐)

ROUND9
温暖化防止キャンペーン「日本の冬をなくすな」のキャッチフレーズ
岩崎俊一・岡本欣也※(岩崎俊一事務所)

人類に火を与えたのは、寒さです。(久冨和寿)

ROUND10
「有給休暇をとろう」キャンペーンのキャッチフレーズ
石川英嗣(石川広告制作室)

坂本竜馬の命日は休ませていただきます。(辻井暁)

...

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

C-1グランプリ の記事一覧

祝!100回記念 C-1歴代グランプリを振りかえる(後編)
祝!100回記念 C-1歴代グランプリを振りかえる(前編)(この記事です)
山口広輝さんと早川和良さんが選んだ「クラシック音楽が聴きたくなるコピー」
小山佳奈さん、細川美和子さんが、ハリウッドに売り込みたくなる「アメリカンドラマのタイトル」
久山弘史さんと松元篤史さんによる「新しいことわざ」
玉山貴康さんと中嶋貴久さんが選ぶ「若者の”お酒離れ”をくいとめるコピー」
岡野草平さんと水野祐さんが選んだ「世の中を炎上させるコピー。」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る