IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

世界で働く日本のクリエイター

渡米もビール作りも自分に新たな価値を与えてくれた。

小林耕太

海外で道を拓く日本人クリエイターのいまをレポート。今回は、15歳で単身渡米してからさまざまな職業を経て、ニューヨークでデジタルプロダクトデザイナーとして活躍する小林耕太さんを紹介する。

01,02 ThinkWithGoogle

慣れない環境や仕事への挑戦が、
自分の付加価値になる。

15歳でひとり海を渡り、心理学と美術の学位を修得。日本に戻り不動産会社勤務を経て、デジタルエージェンシーへ入社し、現在はアメリカ・ニューヨークの「ustwo」でデジタルプロダクトデザイナーとして活躍する小林耕太さん。どんな仕事をしているのだろうか。

「基本的に、携帯などの画面に映し出されるモノのデザインを手掛けています。例えば …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

世界で働く日本のクリエイター の記事一覧

渡米もビール作りも自分に新たな価値を与えてくれた。(この記事です)
海外10カ所以上に住んでも、まだ新天地を目指す理由。
アジアのハブから日本らしいエンターテインメントを発信する
NYで20年の経験を今度は日本で活かしたい
北京を拠点にするNDC CHINAの日本人クリエイター
リオ・デ・ジャネイロのスラム街を拠点にする写真家

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る