IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

キャンペーンの依頼から始まった、GYAO!リブランディング

2014年10月、無料動画配信サービス「GyaO!」は、サービスロゴ・カンパニーロゴ・サービス名を刷新し、新タグラインの掲出やテレビCM展開も行った。一連のリブランディングは、どのような戦略のもと進められたのだろうか。

01 GYAO!の今後の方向を示した新タグライン

“無料”のマイナスイメージを覆す挑戦

「最初のオリエンで、“GyaO!は埃をかぶったビデオ屋さんです。その埃をはらい、ブランドをより魅力的に見えるようにしてほしい”と言われ、驚きました」と話すのは、GYAO!リブランディングをCDとして牽引した博報堂ケトルの橋田和明さん。

「ただ、自社サービスの問題をストレートに話してくれたからこそ、そこに覚悟を感じました」。その場で依頼されたのは、ブランド価値を向上する広告キャンペーンの企画。しかし、橋田さんは、一時の広告キャンペーンで継続的にブランド力を上げることは難しいと感じた。「課題を解決するには、思いきったリブランディングが必要であると考え、オリエン後、コピーライターの渡辺潤平さんとADの山下隼太郎でチームを組み、企画を始めました」。

見えてきたのは …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

キャンペーンの依頼から始まった、GYAO!リブランディング(この記事です)
あたらしい英雄、はじまるっ
45日で生まれ変わるお店
「Mr.PB」ブランドキャンペーン/三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券
日本市場に向けた初めてのブランディングキャンペーン
美容広告の常識を覆す大胆な『変顔』広告
有給休暇が取りづらい日本のビジネスパーソンに助け舟
ブランドの世界観をイメージした映像インスタレーション
たった2ヵ月で理想の体型へ 衝撃の変貌ぶりに話題騒然
ファッションと最先端技術を融合した一般参加型ファッションショー
「580万回再生突破 忍者女子高生の壮絶な追跡劇」
国際ビジネス都市を象徴する新ランドマークタワーのV.I

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る