IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

特集・アイデアで勝負 地域のクリエイティブ

社員の人柄がそのまま広告になる

愛媛県松山市を拠点とする村田葬儀社は、今年創業101年を迎えた企業。10年以上にわたり、コピーを中心とした広告を地元で展開し続けている。

01 これまでに出稿された村田葬儀社の広告。
いずれもコピーを大事に企画されたもの。

言葉を大事につくる広告

同社は、2003年に90周年を迎えたことを機に、企業広告を出稿した。そのコピーは「いちばん悲しいはずの人が、いちばん忙しいお葬式は悲しい。」。「当時、葬祭をビジネスとする企業が広告を出稿するのは、まだ珍しかったと思います。人の思いに寄り添ってきた企業だからこそ、きちんと思いが伝わる言葉で広告したい。そんな明確な意志を、当時の社長、役員の方々は持っていました」と話すのは、コピーを書いた電通西日本松山支社 板東英樹さん。こうした企業が広告を出稿することに対する非難も想定されたが、このコピーは当時、地元の取引先や生活者からこれまでにない反響を得たという。そして、これがひとつのきっかけとなり、同社のいまの広告制作の流れが生まれた。

定期的に制作しているのは、同社が実施している「ぬいぐるみ供養祭」の広告。それ以外は、その都度、案件に関する広告を制作している。「こうした業種の広告は自分としても初めて。勉強しながらの取り組みでしたが ...

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

特集・アイデアで勝負 地域のクリエイティブ の記事一覧

井筒屋で働く人々の魅力をそのまま伝える
新ロボ「グレート☆リュウギーン」はTwitterコメントから生まれた
ふるさとやオヤジへの想いを描いたアニメーション
「戦隊CM」出演者は全員社員
「洋テイスト」のデザインで珍味を広める。
愛知の事故死者数を減少させた広告の力
実はアソコも「変わってる」アハ体験CM
真似する子ども続出!の話題作
うちなんちゅを13億歩あるかせたプロジェクト
世界中が見入った屋久島の夕焼け
自分の裏の顔に気づかされるCM
30万人以上の心を捉えた「お母さんの愛情」
爆破も滝行も!社員が体を張って伝える商品特長
食欲がわくニックとライスの絶妙な掛け合い
素材のポテンシャルを引き出すデザイン
中身の減り具合も分かる、可愛く機能的なVI
「新聞の化身」づくりは役者選びが命
現役生徒出演による大草原での授業
「北欧の名椅子」と「松の盆栽」の融合
「おいしい」顔にこだわり続けるシリーズCM
「明るい遺言」から生まれたみんなの歌
受験生の「タブー」を引き出した話題作
人々の命・息遣いを感じるイラストマップ
制作は地元の漁師さん?そんな素朴さを目指したCM
社員の人柄がそのまま広告になる(この記事です)
3年連続、ネットを賑わせた「スキー場の恋物語」
超ひらパー兄さん、地元愛と新施策で100万人達成を目指す
札幌で育った“オバケ”フォント
北海道中川町の魅力を伝える「ナカガワのナカガワ」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る